• プレジデントオンライン「ジョブズもザッカーバーグも! イマドキ富裕層たちが毎日同じシャツを着る理由」との記事を興味深く読んだ。以下、2か所を引用。昨今の若い富裕層の多くはファッションにはあまり興味がないし、重きを置きません。普段の服装は、どこでも手に入るカジュアルスタイルで、見た目は一般人と区別がつかないほどです。特に男性の場合、ユニクロが大好きです。飲み会などでも「ほぼユニクロで買う」という会話が... 続きを読む
  • 最近ツイッターを始めたら、様々な価値観に触れるようになった。驚くべき発言も多く、自分がいかに保守的な人間か思い知らされることも多い。たとえば結婚。藤沢数希著「損する結婚 儲かる離婚」(新潮新書)の影響もあって、通常の結婚に二の足を踏む高所得者(多くは男性医師)が大いことに気づいた。リンクこの本は僕も読んだことがあって、「婚姻費用(コンピ)」という言葉を初めて知った。これは収入が多い方が相手に自分と... 続きを読む
  • 今日も僕が開業医時代に自院HPに書いていた「院長ブログ」から。この頃は今は高1の長男がまだ幼稚園児。僕が幼稚園の文集に寄稿した一風変わった文章とは?幼稚園の文集 (2009年11月28日 更新)2ヶ月ほど前、妻から「文集の文章、今年はあなたが書いてくれない?」と頼まれました。年に1回、幼稚園で保護者の文集を発行しており、全員が寄稿するのだとのこと。去年は妻が書いたので、今年は私が、ということのようです。... 続きを読む
  • 相変わらずの自粛生活で、まったくネタがない。今日は僕が開業医の頃書いていた「院長ブログ」から11年前のものを転載する。日によっては300人近く診察して、ヘロヘロになりながら生きていた頃のもの。この院長ブログを書くのがストレス発散になっていたのだから、我ながら金のかからない人間だと思う。最近の音楽事情 (2009年8月28日 更新)先日家のそばを歩いていたら、たまたま顔を合わせた知人に、「お、先生、アイポッド」... 続きを読む
  • 開業医をしていた頃、自院ホームページに「院長ブログ」なるコーナーを設けていました。更新は週に1回。昨日診察した患者さんから、「あれ、おもしろかったのに。もう読めないんですか?」と聞かれ、うれしかったなあ。クリニックのHPはジオシティーズを使って作ったので、サービスが廃止されると同時に消えてしまいました。でももちろん原稿は手元に。久々に読みかえしたら懐かしくなったので、そのまま上げてみます。11年前。僕... 続きを読む
  • 昨日の読売新聞、編集手帳。“伝説的な米国のギタリスト、ジミ・ヘンドリックスガ世を去り、今月で50年になる。革新的な演奏はロック好きの胸を熱くさせ、ジミヘンの略称で愛されてきた。ジミヘンは昔からジミヘンだが、昨今は4音の略語が増えた気がする。顕著なのはゲームで、ドラクエ……”ここでずっこけた。ドラクエって昨今じゃないだろう。調べて見たら1986年だから今から34年前の発売。ジミヘンよりは最近だけど四半世紀は楽に... 続きを読む
  • 今日は日常の一コマ。3人の息子たちが犯した「勘違い」について。先週末、高校1年生の長男が真顔で聞いてきた。「父さん、パパ活って知ってる?」唐突な質問に少し身構えながら、「うん、詳しくはないけどね」と答えた後、「なんでまた?」と質問で返した。「you tube で見たんだ。街を歩いている女子高生にユーチューバーがインタビューして、『パパ活』してる?って聞くの。みんな最初は『してない』って否定するんだけど、スケ... 続きを読む
  • 今年の春から寮に入った高校1年生の長男。寮生活がよほど楽しいらしく、大した距離でもないのにめったに帰ってこない。こちらとしては寂しくもあるが、そこでの日々が充実しているのなら何より。電話口で帰りたいと泣かれるよりもずっといい。そんな長男が先日、地元で片付けなければならない用事が重なったため、珍しく2泊もしていった。妻は「直前にいきなり連絡をよこして」とブツブツ言いながらも、長男の好物をこしらえる。4... 続きを読む
  • 平成以降、生涯未婚率はかなりの勢いで上昇してきている。価値観が多様化するのと同時に便利な世の中になり、ひとり身でも不自由を感じなくなったことが大きいのだと思う。結婚しない人が増えれば、そのことによる肩身の狭さもさらに減少する。となるとこの傾向は令和を通じて続くのでは? という気がしている。若い人から結婚するべきかどうか相談をうけることがある。そういうとき、僕が話すポイントは3つ。最初のふたつは、統... 続きを読む
  • 我が家の3人の息子のうち、真ん中の次男は僕に似て大の読書家なのだが、上と下は本に対する関心が薄い。その3男が珍しく、「読みたい本がある」と言ってきた。ブレイディみかこ著「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」(新潮社)。ならばさっそく図書館で借りてやろうと思い、自宅パソコンからログインして驚いた。待ち人数、550人!?55人ではない。それでもすごいが、間違いなく550人となっている。借りた人が皆、1日で... 続きを読む
  • まずは6月14日付け、読売新聞オンラインニュースより抜粋。“米ジョンソン・エンド・ジョンソンのブランド「バンドエイド」は10日、色が異なる5種類のばんそうこうをオンライン上で公表した。黒人死亡事件で人種差別への非難が高まる中、様々な人種の肌の色に合う商品を提供し、人種問題に積極的に対応する姿勢を示す狙いとみられる。”うん、いいじゃない、と無条件に賛成。ただ気になったのは、そもそも今までのバンドエイドの... 続きを読む
  • 我が家の構成は、僕、妻、息子が3人で、上から高1、小6、小4。僕の住む街でも、今週後半から小中学校が再び休校となる。ちなみに長男が通う高校は年度初めから休校で、まだ始まっていない。というわけで3月同様、5人家族で籠って暮らす日々が再開することになる。せっかくの機会だからと、僕は子供たちの英語教育に力を入れている。中学レベルの英語は、小学生のうちに習得させるべきが持論。3月の休校中に、下ふたりは中学... 続きを読む
  • 子供たちの長い春休みが終わった。うちの子供は3人とも男で、上から新高1、小6、小4。下ふたりは、リタイアして時間のある僕が徹底して家庭教師を務めた。特に力を入れたのは英語教育。僕はそもそも日本の英語教育は遅すぎると考えていて、今までも少しずつ教えてきてはいたのだが、この長い春休みにそれを一気に加速させた。文法、単語については、まず中学生3年生レベルまでの学習を終了。それに加え、文法では高校で習う付加疑... 続きを読む

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム