• 以前、家族で散歩をしていたら、当時小学校3年生だった三男に「この花、なんていうの?」と聞かれた。黄色い小さい花。「よく見るけど名前は知らないなあ」 と答えたところ、妻が横で目を丸くして、「あなた、タンポポも知らないの?」タンポポはもちろん知っている。綿毛のようなフワフワがついた植物だ。でもその前段階である開花の状態は、考えたこともなかった。そう正直に答えたところ妻が言うには、そういうのは考えるとかそ... 続きを読む
  • 毎月末にネットフリックスなどで観た映画の感想を上げているが、今回は盛りだくさん。全部紹介するのは無理なので、夏休みに高1、中2、小6の子供たちと(テレビで)観た映画を、子供たち目線のランキングで紹介したい。5位 アンブレイカブルhttps://eiga.com/movie/1207/「シックス・センス」の監督M・ナイト・シャマランと主演ブルース・ウィリスが再タッグを組んだSFサスペンス。フィラデルフィアで乗客・乗員131人が死亡す... 続きを読む
  • 僕には高校生、中学生、小学生の息子がひとりずつ。昨日は夏休みの間、彼らと家でどう過ごしたかを書いた。もちろん充実した日々ではあったのだが、自粛だけで夏が終わってしまうのはあまりにも悔しい。そこで去年に引き続き、1泊だけキャンプに出かけた。とはいえ今流行しているオミクロン株は屋外でも感染しやすいらしい。そこで選んだのは普通のキャンプ場ではなく、山をまるごと借り切れるところ。キャンプに不慣れな僕ら家族... 続きを読む
  • 3人の息子たちの夏休みが終わった。新型コロナウイルスの爆発的感染拡大でろくに外出もできない中、家族でべったりと過ごした。……忙しかった。まずは長男。現在、高校3年生で来春からは音大への進学を目指しており、「夏休みの間、インスタのストーリーで1分間の演奏映像を毎日アップしたい」と言い出した。バイオリン、ウッドベース、ピアノを日替わりで演奏するとこと。「楽しそうだし、勉強にもなっていいんじゃない」何事もや... 続きを読む
  • 先日見た夢。僕は団体での旅行に参加している。どうやらメンバーは、以前所属していた大病院の医師が中心のようだ。朝、僕が目を覚ましたときには、同じ部屋のメンバーはすでに朝食会場へ向かったようで、残っていたのは僕一人。その時僕は、前の日の宴会で出た馬刺しが部屋のテーブルに残っていることに気づく。(これ、まだ食べられるんじゃない?)そう思った僕は、ラップにくるんで持ち帰ろうと考える。(うしし、これは今日、... 続きを読む
  • もうすぐ2学期ということで、昨日からの続き。なぜ近年、不登校児は増えているのか?昨日、「いじめ」「厳しい校則」「発達障害」「Highly Sensitive Child=ひといちばい敏感な子(HSC)」などに原因を求める論説に疑念を呈した上で、時期を考えれば共働き世帯の増加は関係している可能性があるが、核家族化やスマホの普及が大きな要素とも考えにくいのでは? と書いた。今日はその考察を続けたい。そもそもいつから不登校は... 続きを読む
  • もうすぐ夏休みが終わり、学校が始まる。3人の息子たちを育てていて気になることのひとつが不登校児の多さだ。僕からみていて感じがよかったり、優秀だと感じていた子が学校に通えていないと聞き、驚くこともしばしば。なぜこんなことになっているのだろう?ググってみたところ、自ら不登校を経験し、不登校新聞なるものを編集している石井志昂氏の記事がみつかった。“学校へ行けない人はなぜ増えた? 不登校の歴史20年間をふり返... 続きを読む
  • 我が家のある日の食卓。なんとも豪華に見えないだろうか?数年前、妻が通っている料理教室の先生が、収納場所が限界であることを理由にいくつかの食器を手放すことになり、一部を妻が譲り受けることになった。高級なものばかりなのに値段は格安。妻は大喜びだ。我が家は客も多くないので、大事に取っておいてもしかたがないということで、日常的に使うことにした。もちろん僕だってうれしい。見た目が素敵なのは気分がいいし、料理... 続きを読む
  • 自著 “幸せの確率 あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ” は以下の文章で始まる。リンク想像してごらん 仕事なんかしなくてもいいのだと。ほら、簡単だろう?気が向けば働けばいいし、遊んで暮らしたってかまわない。自分の時間を犠牲にすることなんてないんだ。想像してごらん 束縛なんかないのだと。そんなに難しくないだろう?好きな土地に住もう。田舎でも、都会でも。旅するように移り住むのもいいし、リゾート暮ら... 続きを読む

内山 直

作家、医師、医学博士。
1968年新潟県新潟市に生まれる。新潟大学医学部卒業、同大学院修了。
2004年に独立し自分のクリニックを立ち上げ、「行列のできる診療所」として評判を呼ぶが、その後アーリーリタイアメントを決意。
2016年2月、クリニックを後輩医師に譲りFIRE生活を開始する。
地方都市でゆるゆると生息中。

「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で遺伝が50%とされています。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってくる!をキャッチフレーズに幸福の啓蒙活動を継続中。

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは連絡用です。 コメントはツイッターでのみ受け付けています

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム