ゲーテ “世の中のことは何でも我慢できるが、幸福な日の連続だけは我慢できない。”


幸福に関する名言。今日は、ゲーテ(1749年 - 1832年)。詩劇『ファウスト』などで有名な、言わずと知れたドイツの文豪だ。

“世の中のことは何でも我慢できるが、幸福な日の連続だけは我慢できない。”


言いたいことはわからないでもない。たとえば、食卓にはご馳走と美酒が溢れ、窓からの景色は素晴らしく、好きなようにして過ごせる環境にいたとしたら。
もちろん、たまにはそんな日もいいが、そんな日ばかりが続いたら、我慢ならないほど飽き飽きとしてしまうことだろう。
実は幸福学の研究でも、ある程度我慢を強いられ、選択肢が多すぎない人のほうが幸福な傾向があることがわかっている。

ただしこれは「幸福」の定義次第だ。
ここで幸福と訳された元の言葉がもつニュアンスまではわからないが、おそらくゲーテは幸せを「物質的に満ち足りた平和な日々」と定義づけたのだと思う。
でも、僕がよく考える「幸福」は、そのような環境とはまったくことなる。たとえば、未知の分野にチャレンジすることだって、大いなる幸せだ。
その結果、手にすることになる成功はもちろん幸せをもたらすが、もっと大きな幸せは結果ではなく、(以前にも書いてきたように)努力の過程にこそあるというのも、これまた幸福学の知見。
幸福をそのように定義すれば、そんな日々の連続は大いにウェルカムだ。
もしゲーテに、
「幸福とは、あなたが『若きウェルテルの悩み』の原稿と格闘していたときのことを指すのだと思いますよ」
と意見したら、どんな顔をされるだろうか?
あるいはセミリタイア希望者にとって、実現する将来よりも、それに向けて試行錯誤している今にこそ幸せがあるとしたら?

そんなことを夢想しながら幸福学のデータをひも解くのは、なかなかに楽しい作業である。





ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



7ACFE139-3128-49F7-9453-316F23A8AF3B.jpg
近所のフレンチレストランからのテイクアウト。

スポンサーリンク

内山 直

作家、医師、医学博士。
1968年新潟県新潟市に生まれる。新潟大学医学部卒業、同大学院修了。
2004年に独立し自分のクリニックを立ち上げ、「行列のできる診療所」として評判を呼ぶが、その後アーリーリタイアメントを決意。
2016年2月、クリニックを後輩医師に譲りFIRE生活を開始する。
地方都市でゆるゆると生息中。

「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で遺伝が50%とされています。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってくる!をキャッチフレーズに幸福の啓蒙活動を継続中。

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは執筆・取材・講演依頼など業務連絡専用です。 記事に対するコメント・ご意見はX (旧ツイッター)でお願いします。 こちらに頂いても返答しかねますので、ご了承ください

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム