日本で感染が広まらなかったのは、単に“スタート地点が違っていた”から??

またまた新型コロナウイルスについて。
ダイアモンド・プリンセス号に潜り込み、対策環境を批判したことによって一時バッシングを受けた感染症学会のホープ、神戸大学の岩田健太郎氏によるブログ、「なぜ、国ごとに差が出たのか。そして第二波がどうなるか」を興味深く読んだ。

“ウイルスの突然変異で、欧米では流行しやすく死亡リスクが高い株、日本では流行しにくい株だった、という説もあります。
が、これを支持するデータはあまりありません。“

“日本人の抗体産生の仕方、すなわち免疫反応や、抗体など免疫記憶に依存しない免疫機構(innate immunity, 日本では自然免疫というちょっとよくない和訳がついています)にその原因を求める声もありますが、これも確証的なデータはありません。”

“BCGワクチン接種など、免疫学的な違いを根拠と考える説もあります。
しかし、イスラエルで行われた研究でBCG接種者と被接種者でCOVID-19発生に違いが認められなかったこと、ブラジルなどBCG接種国でもCOVID-19感染者、死亡者が非常に多くなっていることから、ちょっとBCGが「決め手」と考えるのは無理があるように思います。“

と、ここまでは僕とほぼ同意見。
ところが違うのはここからで、僕が一貫して主張している「マスクこそが最大のファクターX説」に岩田氏は否定的な見解を述べている。

“よく知られているように、医療用マスクの効果は「感染者が感染を広げる」のを防ぐことであり、「非感染者が感染しない」効果はないか、ほとんどないことが示唆されているからです。布マスクについてはもっとデータが少ないですが、基本的には評価は同じです。”

これはその通りだが、ここからが問題。

“マスクの効果は「ある程度感染者が多くて、無症候感染者がまわりにうようよしていて、そうした感染者がみんなでマスクを着けることによって感染リスクをヘッジする」という戦略に基づいています。
でも、実際の日本は「だれもが感染者」ではなく「ほとんど感染者ではなかった」状況でした。もちろん、クラスターの内部では別ですが、日本でのクラスターはほとんどが俗に言う「三密」の条件を満たす閉じた空間内であったか、医療機関の感染がほとんどでした。市中の路上など、一般的な空間には感染者はほとんどいなかったのです。だから、稀有な感染者がマスクを着けることで感染対策に成功した、という仮説はちょっと成立しにくくなります。“

つまり、マスクによる予防効果は感染者がマスクをすることによって生じるものだから、感染者がそもそも少なかった日本ではあまり意味がなかったと言うのだ。
僕にはここがまったく理解できない。

1億人中感染者がたった100人としよう。
国民の9割がマスクをすれば、100人中90人はマスクを外して接触した人、すなわち「会食した人や家族」以外へうつす可能性が激減する。
残るのは10人だ。
国民がまったくマスクをしなければ、100人全員が「会食した人や家族」以外へもうつす可能性がかなり残る。
国民の9割がマスクをすることによって、「会食した人や家族」以外への感染確率は明らかに減少するはずだ。
感染者の割合が0.1%だろうが10%だろうが、マスクが果たす実効再生産数の減少効果は変わらない。
感染者の割合が0.1%だろうが10%だろうが、実効再生産数が1を切れば終息に向かうし、1を上回れば拡大していく。
それだけの話、のはずだ。

それに後半の、「日本でのクラスターはほとんどが俗に言う「三密」の条件を満たす閉じた空間内であったか、医療機関の感染だった。市中の路上など、一般的な空間には感染者はほとんどいなかった。だから、稀有な感染者がマスクを着けることで感染対策に成功した、という仮説は成立しにくい」というのもおかしい。
裏を返せば、「マスクをしている人が多かったから、日本では感染が『三密』や『医療機関』に限定されたのだ」という主張が簡単に成り立つし、こっちのほうが僕にはしっくりくる。

免疫も違う、BCGも違う、マスクは関係ない。
こんな感じですべてを否定する岩田氏が考えるファクターXは何なのか?
岩田氏は単に日本では欧米とは、

“スタート地点が違っていたから”

にすぎないと述べている。

あんまりな結論に、僕は椅子からずり落ちてしまった。

・・・それはないって。
明日も岩田説への反論を続ける。

興味のあるかたは、ぜひ岩田氏のブログもご覧くださいな。


IMG_5845.jpg

三男が小学校​で育てた伝統野菜の寄居カブをスモークサー​モンと夏野菜でカルパッチョ仕立てに。
岩牡​蠣とホヤ。
スパークリングと相性バッチリであった。

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

検索フォーム