起き掛けのコーヒーは非効率的って知ってました?


昨日から紹介しているのはダニエル・ピンク著「When 完璧なタイミングを科学する」。


興味深く感じた知見を取り上げたい。

p31
“「論理的判断」はランチタイムまでに

成人が午前中にこの種の思考力を最高に発揮することは、山ほどの証拠によって裏づけられているとのこと。
午後以降に重要な決定をせまられたときは、可能であれば翌日まで時間をとったほうがよさそうだ。

p62
“起きぬけにコーヒーを飲んではいけない”

目覚めると体はコルチゾールというストレスホルモンの分泌を始める。カフェインはそれに干渉するので、起きぬけに摂取しても覚醒感を高めることはほとんどないのだそうだ。
朝のコーヒーの好ましい飲み方は、起床してから1~1.5時間後に、最初の1杯を飲むこと。
午後に頭をすっきりさせたい場合、コルチゾールの分泌が再び減少する、午後2~4時の間くらいがいいそうだ。
この辺の知見に興味がある方は、ぜひ下の記事も参考にしてほしい。
僕の「科学的知見」に基づいた日常を紹介します!

p251
“他人と強調し息を合わせることは、身体的健全性や心理的幸福を高めるのに効果的だ。”

グループで歌う、誰かと一緒に走る、ダンスを踊るといったことは、幸福感の増大に役立つとのこと。僕はどちらかというと単独行動が多いので、この手のことも取り入れなければと思った。
確かにバンドや合唱、社交ダンスをしている人は楽しそうにみえるが、能動的趣味を今より増やす余裕はないので、今年はとりあえず、定期的にコンサートに行ってみようと思っている。

参考になる知見はあっただろうか?
こういう細かい、しかし信ぴょう性が高いデータを活かすことによって、生活の質は着実に高まっていくことだろう。
明日も引き続きこの本から。



ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



IMG_1122.jpg
自家製田舎風パテ。
お料理に興味のある方はこちらの記事をご参照ください。
【我が家お薦めのお手軽料理本】 ベスト3 ~ おいしくて簡単な本を厳選しました!

スポンサーリンク

内山 直

作家、医師、医学博士。
1968年新潟県新潟市に生まれる。新潟大学医学部卒業、同大学院修了。
2004年に独立し自分のクリニックを立ち上げ、「行列のできる診療所」として評判を呼ぶが、その後アーリーリタイアメントを決意。
2016年2月、クリニックを後輩医師に譲りFIRE生活を開始する。
地方都市でゆるゆると生息中。

「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で遺伝が50%とされています。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってくる!をキャッチフレーズに幸福の啓蒙活動を継続中。

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは執筆・取材・講演依頼など業務連絡専用です。 記事に対するコメント・ご意見はX (旧ツイッター)でお願いします。 こちらに頂いても返答しかねますので、ご了承ください

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム