50歳でアーリーリタイアする方法は、手取り収入の22%を運用に回すこと。

本来はアーリーリタイアブログなのに、最近は新型コロナウイルス関連の記事ばかりになっていた。
たまには真面目に、ニーズに合った記事を書かなければ。
今日は50歳でアーリーリタイアするための、具体的な方法を紹介したい。

人は20歳から働き始め、100歳で死ぬと仮定する。
運用は世界株分散投資で行い、インフレ率+年利5パーセントを複利で得られるものと期待(歴史的には大体このくらいとされている。詳しくは こちらの記事 を参照)。
貯めた端からどんどん運用を開始し、リタイア後の資産の取り崩しも運用を続けながら行う。
昇給、インフレ、退職金、運用益に対する税金、さらに教育資金や住宅購入などのライフイベントについては、とりあえず一切無視する。

するとわかるのは、50歳でリタイアするのに必要な貯蓄率は22%であるということ。
たとえば手取り年収が664万円だとすると、そのうちに22%を毎月そのつど投資に回すことにより、50歳で金融資産1億円を達成。現役時代と同じ支出額で生活し、資産を運用しながら切り崩すと、100歳でちょうどゼロになる計算だ。

しかし実際には年収の多寡は関係ない。
年収が1000万円で貯蓄額が220万円でも、年収が100万円で貯蓄額が22万円でも、状況はまったく同じ。
計算してみてもらえばわかるが、どちらの場合でも50歳でリタイアできる。
年収が10分の1なら使える額も10分の1になる、とただそれだけの話。

巷でよく「いくらあればアーリーリタイアできるか?」という議論があるが、額には何の意味もない。
10億円必要という人もいれば、2000万円で十分という猛者もいる。
設定する生活レベルで、いかようにも変わりうるというわけだ。

ちなみに戦前、財テクの神様といわれた造園家・本多静六(東京大学教授。日比谷公園の設計でも有名)は、著書「私の財産告白」の中で、資産形成のために25%の貯蓄をすすめている。
資産を築いたり、アーリーリタイアをしたいと考えるような人は、手取り収入の4分の1程度は運用に回す必要があるようだ。

実収入の25パーセントを貯蓄に回すことを簡単だと言うつもりはない。
しかし本多清六の時代、すなわち戦前の人々と比べれば、豊かな時代に生きている僕らのほうがはるかに有利な状況にいる。
50歳でのアーリーリタイアは、現代の日本において十分に実現可能なのだ。

しかし最初でことわったように、人生はシンプルではない。
家を買ったり、結婚して子供ができたら支出は一気に増える。
逆に給与は年々上がっていくことが多いし、この計算には年金が含まれていないから、その分の余裕は生じるだろう。
だから最初から細かい計算をしてもしょうがない。
22~25%程度を運用に回しながら数年~10年も生活すれば、自分自身の具体的なリタイア可能年齢が見えてくるはずだ。

自著、幸せの確率 あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめには、そのための運用法や、日々の生活での節約術、それにアーリーリタイアを目指すべき理由が、さまざまな知見と共に詰め込まれている。
あなたが真剣にアーリー/セミリタイアを考えているなら、ぜひ一読してほしい自信作だ。



参考記事
僕が考える、もっとも簡単な株式投資の始め方


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



IMG_5823.jpg
アメリカンチェリーのゼリー。
お料理に興味のある方はこちらの記事をご参照ください。
【我が家お薦めのお手軽料理本】 ベスト3 ~ おいしくて簡単な本を厳選しました!

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム