幸福のあり方は年とともに変わり、だんだんとお金がかからなくなる!(はず)


今日は幸福について、加齢の観点から述べてみる。
年を重ねると共に、若い頃とは幸せの感覚が変わってきたと感じることはないだろうか?
ペンシルバニア大学のビジネススクールであるウォートンスクールの研究で、若い頃は特別な経験からより大きな幸せを感じる傾向があるが、年をとるとともに、何ということもない普通の経験が幸せにつながるようになることがわかっている。

そのような変化が起きる原因は、人生において、あとどのくらい時間が残されているのかという感覚にあるそうだ。
残された時間は十二分にあると信じ、自分の未来に重きをおく若い頃は、特別な経験に対しては幸せを感じるものの、日常的な事柄は与えられて当然だと思っているので、さほど喜びを覚えない。
しかし年をとり、自分の人生において残された時間が減っていくことを自覚するようになるにつれ、なんということのない日常から幸せを見出すようになっていくというわけだ。

朝、コーヒーを片手に新聞に目を通している時、幸福感や充実感に包まれている自分に気づき、
「おかしいぞ。以前はこんなことで満足したりはしなかったのに。スポーツや夜の繁華街、あるいは旅といった刺激こそが生きる活力だったのに」
と首をかしげたことはないだろうか?
僕自身も数年前までは、週末の夜、子供達を寝かしつけた後に、外の喧騒が恋しくなり、1杯飲みに出かけたりしたものだが、最近は静かになった居間に残り、ゆったりとくつろぐことを好むようになった。
僕達はそのような変化をさみしく感じたり、もう一度夜通し遊ぶパワーを取り戻そうとばかりに、がんばったりする必要はないのだ。これは加齢とともに生じる、ごく自然な変化なのだから。

何ら特別でない日常的な幸せには、ほとんどお金はかからない。
自分がより平穏なものから喜びを感じるようになってきたことを自覚し、そして今後、その傾向はより強まることを知っていれば、幸福に生きるためのお金の意味合いは年と共に減り、逆に、自由に使える時間をもつことが重要になってくると簡単に予測できるはずだ。
であれば稼ぎ、貯め続けるより、アーリーリタイアする方がいいように思える(もちろん仕事が楽しいなら別)。

MITメディアラボの創設者、ニコラス・ネグロポンテはこう言っている。
「人は人生の前半で金と権力を得るために時間を使い、後半では金と権力を使って時間を得ようとする」
お金優先から時間を尊重する生き方への切り替え時期を意識的に早め、精神的に豊かな日々をより長く楽しむことができれば、晩年になってから慌てて時間を得ようとあくせくせずにすむのではなかろうか?

あなたの価値観や喜びは、今後どう変わっていくだろう?
どんなことの価値が減り、どんな喜びが重要になってくるのだろう?
そしてそのためには、今どのような選択をするべきなのか?

それこそ一度、コーヒーでも片手にゆっくりと想像してみてほしい。



IMG_6187.jpg
海水浴シーズンが終わったため、妻子は日曜日のヨットを再開。僕はのんびり(笑)。


ランキングに参加してます。
記事を楽しんで頂けたようなら、ぜひ一票を。
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

お手間でなければ、こちらも。

感染症・ウイルスランキング

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム