“幸せの3要素は、①自分自身が好きであること ②よい人間関係を持っていること ③人や社会に貢献していること”~幸せの名言3


幸福の名言。3回目の今日は、アルフレッド・アドラー(1870年 - 1937年)。
数年前、「嫌われる勇気」のベストセラーによって日本でも一躍有名になった、『アドラー心理学』のアドラーだ。オーストリア出身の精神科医であると同時に、心理学者、社会理論家でもある。
その彼の残した名言は、これ。

“幸せの3要素は、①自分自身が好きであること ②よい人間関係を持っていること ③人や社会に貢献していること”

もちろん間違っているなどと言うつもりはない。
自分自身が嫌いな人に、幸福な人は少ないだろう。よい人間関係や社会貢献が幸福度を上げることは、研究によってもわかっているし、その通りだと思う。
でもこれが幸せの3要素と言われると、僕は首を傾げざるを得ない。もっと重要なものがたくさんあるように思えるのだ。
そこでこの3つそれぞれについて、否定的な面を取り上げてみようと思う。

① 自分自身が好きであること
これはトリッキーな文章だと思う。
というのは、100%自分が好き、あるいは100%嫌いという人は珍しいと思うからだ。
そして自分のことが好きになったり嫌いになったり、波があるのが普通だろう。
そもそも多くの人は自分自身が好きとか嫌いとか、あまり考えないような気がする。
② よい人間関係を持っていること
では友人がいない人は不幸なのか?これも一概には言えないような気がする。
もちろんよい友達がいたほうがいいに決まっているが、人生の時期においては、あえて孤独を選ぶことも必要かもしれない。
ブッダも、「つまらない友人とつきあうくらいなら、ひとり孤高の道を歩め」という意味の言葉を残している。
③ 人や社会に貢献していること
となると学生や修行僧、あるいは書けども書けども持ち込み原稿が採用されない作家(僕みたいな人)は不幸なのか?
幸せは成功ではなく、そこまでの過程にあると僕は考えているので、この意見には頷けない。

最初にも書いたとおり、どれも間違っているというわけではない。これが幸福の3要素だと言われると違和感を覚える、というだけだ。
僕が3つ選べと言われたら、何を選ぶだろう?
微笑むこと、楽観的であること、感謝の気持ちを忘れないこと、といったところだろうか?

次作は「4週間で」ではなく、「3日間で幸せになる方法」なんて本もいいかもしれない。
でも、1行で終わっちゃうんじゃ困るね(笑)



ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



2020090709410001.jpg
素敵なお菓子を頂いた。お茶にもコーヒーにも合って幸せ。

お手間でなければ、こちらも。

感染症・ウイルスランキング

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム