トロッコ問題「1人を犠牲にしてでも5人を救う?」には深~い続きがあったのです。


今日取り上げるのは思考実験。岡本裕一朗著「世界を知るための哲学的思考実験」をテキストに、僕がアレンジしたバージョンを紹介する。

事例1
「あなたは線路のそばを散歩していた。そのときトロッコが猛スピードで走って来るのに気づいた。線路の先には5人の人がいるが、逃げられそうもない。どうしたらいいだろうか。ちょうどそこにスイッチがあって、あなたがそれを引けば、電車の方向を変えることができる。ところが、あなたがそれをすれば、もう一方の線路にいる1人を殺すことになる」

このトロッコ問題は「ハーバード白熱教室」で大流行したマイケル・サンデルの「これからの正義の話をしよう」で有名だ。
しかしこれはサンデル氏のオリジナルではなく、それに先立つ議論が前提とされている。話はもう少し複雑なのだ。
ただし長くなるので、歴史的経緯はすっぱりと省略。皆さんにはこの思考実験の面白みだけを味わっていただく。
さて、この設問だと多くの人が「スイッチを引くべき」と答える。1人の命を犠牲にしても、5人の命を救うべきと考えるためだ(ただしアメリカ人とくらべ、日本人にはスイッチを引くべきでないという人が多いらしい。興味深い)。
皆さんの意見はどうだろう? まずはご自身の考えをまとめてから、次の事例を読んでほしい。

事例2
「あなたは線路を見下ろす歩道橋に立っている。その線路でトロッコが暴走していることがわかった。線路の先には5人の人がいるが、逃げられそうもない。どうしたらいいだろうか。そのとき、自分の横で太った男が下を覗き込んでいるのに気づいた。この男を突き落とせばトロッコは止まり、5人の命を救うことができる」

設定はちょっと無茶だが、そこはご容赦願いたい。
さて、この設定で「太った男を突き落とす」と答えた人はさすがに少ないと想像する。
でも考えてみてほしい。さっきの事例でも今回のものでも「1人の命を犠牲にして5人の命を救う」ことには変わりがないのだ。なのになぜ、今回のものでは肯定しにくいのだろうか?
これは1人を死なせる行為が、どの程度積極的なものかどうかで話は変わる、と説明可能だ。事例1では「1人を死なせる」という感じなのに対し、事例2では「1人を殺す」に等しい。そのような状況下では心理的ブレーキは大きくなって当然だろう。
では、事例1のほうが事例2と比べ、行動を起こす正当性は高い、そう考えていいだろうか?
結論を出すのはまだ早い。それなら、このような設定ならどうだろう?

事例3
「あなたは線路のそばを散歩していた。そのときトロッコが猛スピードで走って来るのに気づいた。線路の先には5人の人がいるが、逃げられそうもない。どうしたらいいだろうか。ちょうどそこにスイッチがあって、あなたがそれを引けば、電車の方向を変えることができる。ところが、あなたがそれをすれば、もう一方の線路にいる1人を殺すことになる。
さらにもうひとつの選択肢がある。あなたが線路に飛び込めばそれでトロッコが止まり、あなたの犠牲により全員が救われることになる」

さて、あなたならどうするだろう。
自分が犠牲になって6人を救う!という人は非常に少ないと思う。道徳はそうした自己犠牲を要求しないから、それを恥じる必要はない。
しかし問題はここからだ。この場合でもあなたは「スイッチを引いて5人を救い、1人を犠牲にする」という選択肢をとれるだろうか?
自分は生き延びることを選び、その上で違う線路上にいる1人が死ぬスイッチを引くとなると、とたんに行動へのハードルが上がってしまう人が多い。スイッチを引くことが1人を殺す行為だということが、より如実に実感できるからだろう。
となると道徳的正解は、「いずれの事例においても、5人を救う行動に出てはならない」という結論が導かれる。

もちろんこれこそ正解というわけではない。異論があってもいい。
思考実験として非常に興味深かったので紹介してみた。
ちなみにこの本ではトロッコ問題を皮切りに、「格差」「民主主義」といったテーマで複数の思考実験を紹介しており、充実した内容になっている。
一般的な思考実験の本より複雑な分、お薦めだ。



ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



IMG_6665.jpg
白ワインと。
お料理に興味のある方はこちらの記事をご参照ください。
【我が家お薦めのお手軽料理本】 ベスト3 ~ おいしくて簡単な本を厳選しました!

お手間でなければ、こちらも。

感染症・ウイルスランキング

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム