菅首相は直ちに緊急事態宣言を発出すべき~一医師からの意見。


11月5日に「年内に1日の新規感染者数は1万人に!? 新型コロナ。この冬の日本での展開を予想する」との記事を上げた。

根拠をかいつまんで引用する。

注視すべきは北海道での動きだ。これが全国に先駆けて生じた第3波と考えて間違いはないだろう。7月の1か月間で新規感染者数が10倍にまで増加し、その頃より人出が多かった9-10月に感染がさほど拡大しなかったことを考えれば、「換気のしやすさ」が大きなファクターになっていると考えてほぼ間違いない。換気が難しい気象条件でこそ、このウイルスは実力を発揮するのだ。
札幌では繁華街への外出自粛が始まっているようだが、その効果が出るのは先でおそらく今月の後半になる。となれば近いうちに1日の新規感染者数が100人を超える日が出てくるはずで、これはかなり危機的な状況といえる。

近いうちどころか、この記事を上げた当日の新規感染者数が100人を超えることとなった。
さらに4日後の11月9日には200人を突破。
「煽り過ぎだ」と叩かれることの多い僕の予想(しかし今まで、ほとんどはずれたことない)より、さらにピッチが速い。
ブログからの引用に戻る。

今回の北海道での感染拡大の起点を10月20日と考えると、その2週前の気温は最高20℃弱、最低10℃前後。これは東京の11月の平均気温に当たる。となれば11月中、遅くとも12月上旬には東京でも同様に新規感染者数の増加傾向が現れる可能性が高い。
(中略)
指数関数的な増加傾向が始まるポイントを見極めるのは難しいが、おそらく今月後半から来月の上旬で、そのときの新規感染者数1000人程度と予想しておく。であればその1か月後には単純計算で1日の新規感染者数は1万人、冬の低温乾燥の悪影響を加味し、7月以上の増加率になると考える場合には1万人を上回ることになる。

この記事で僕が気にしていた東京の気温だが、記事を上げたときにはすでにそのレベルに達していたようで、僕は翌6日に下記ツイートをする。

東京では一昨日から下記気温まで下がっています。週末は一旦緩みますが来週はさらに気温が下がる予報。北海道のほうが屋内温度を高く設定する傾向があるようなので、その分少し猶予をとって、今から2-3週後に東京で新規感染者数の指数関数的な増加が始まると予想します。そこからはあっという間です。

つまり11月20日から27日あたりを起点として、現在北海道でみられているペースでの指数関数的な増加が始まるはず、と予想している。これは今でもまったく変わっていない。
そこからさらに1か月後にあたる年末には1日の新規感染者数が1万人を超える日が出てくるはずだ。
もしそれだけの検査ができれば、との前提だが(情けない)。

この後におよんで政府は感染抑制策をとるどころか、GoToキャンペーンを休止する考えすらないらしい。
先日の分科会終了後、西村大臣は会見で「夏の流行に匹敵する大きな流行が来つつある」と語っている。すでに夏よりはるかに大きい波が来ていることに気づいていないとは。ただただ呆れるしかない。

検査拡充ができなかった今の日本に唯一残された道は、直ちに緊急事態宣言を発出することだ。僕が菅首相なら躊躇なくそうする。
全国ではなく検査陽性者数が人口比で一定数以上の都道府県が対象で十分。それで年末までにぎりぎりで落ち着き、なんとか1-3月も乗り切れるはず。
今後感染者が増えると分かっているならハンマーを振り下ろすのは早く、強いほどいい。そのほうが短期間ですみ、経済への打撃も少ない。

こんなことは自明のはずなのだが……。



ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



07D9436A-8F6E-4ED2-BC97-FAE275E1F61C.jpg
ヒラメとカブのカルパッチョ。もちろん白ワインと!
お料理に興味のある方はこちらの記事をご参照ください。
【我が家お薦めのお手軽料理本】 ベスト3 ~ おいしくて簡単な本を厳選しました!

お手間でなければ、こちらも。

感染症・ウイルスランキング

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム