アラン “幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑うから幸福なのだと言いたい。”~幸せの名言17


17回目の今日は、3大幸福論のひとつを著したフランスの哲学者、アラン(1868年 - 1951年)は、による言葉。

“幸福だから笑うわけではない。 むしろ、笑うから幸福なのだと言いたい。”


まったくその通りだと思う。
このところ、セロトニンという言葉をよく耳にするようになった。これは神経伝達物質と呼ばれるものの1種で、腸や血液中の他、一部は脳内に存在し、頭をすっきりさせたり、心のバランスを整え、ポジティブで安定した状態に保ったりする作用をもつことがわかっている。
笑いには、このセロトニン神経を活性化する作用があるのだ。
おかしいことがなければ、思い出し笑いでもいいし、つくり笑いで、口角を上げてみるだけでもいい。
それでも多少は気分が上向くことがわかっている。
笑顔なく日々を過ごすことは、「憂鬱になる薬」を服用しているようなものなのだ。

また人間の脳は様々な情報を相当無茶なやり方で補正していることがわかってきている。
たとえば右手を上げる動作。
僕らは当然、まず右手を上げようという意思をもち、それから手を上げていると信じているが、実は手を動かす信号のほうが意思よりも先に発せられることがわかっている。
つまり右手は自分の意思とは無関係に上がり、その一瞬後に腕を上げようという意思が生じ、脳はその順番を逆に処理しているようなのだ(関連記事;確固たる自我などなく、単なる「印象操作機関」であるに過ぎない ~ なぜいま、仏教なのか2)。
であれば微笑みが幸せに寄与することも簡単に説明できる。笑うことによって、自分は幸せなのだと脳が勘違いしてくれても、まったく不思議はないのだ。

とにかく微笑みは大切。
今日1日、試しにできるだけ笑顔で過ごしてほしい。そうすれば、アランの言葉の信ぴょう性を、実感してもらえると思う。

笑う門に福が来るかどうかは保証の限りではないが、幸せがやって来ることに、まず間違いがなさそうだ。



ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



2020103020560000.jpg
貝、レモスコ、白ワイン。笑顔で頂く。
お料理に興味のある方はこちらの記事をご参照ください。
【我が家お薦めのお手軽料理本】 ベスト3 ~ おいしくて簡単な本を厳選しました!

お手間でなければ、こちらも。

感染症・ウイルスランキング

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム