アンドレ・ジッド “幸福になる秘訣は快楽を得ようとひたすらに努力することではなく 努力そのもののうちに快楽を見出すことである。”~幸せの名言22


22回目の今日は、ノーベル文学賞も受賞したフランスの作家、アンドレ・ジッド(1869年- 1951年)の名言。

“幸福になる秘訣は快楽を得ようとひたすらに努力することではなく 努力そのもののうちに快楽を見出すことである。”


これも本当にその通りだと思う。
手前みそではあるが、自著"幸せの確率 あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ"から引用したい。

子供たちと公園に遊びに行く時、子供たちはただ歩くのではなく、道中で色々なことを発見しますし、自分がみつけたものに夢中になって、そこから動かなくなってしまうこともあります。そのような場合、「公園で遊ぶ」という明確な目的意識を持った私たち大人は、スケジュールからはずれることを嫌い、イライラしたり、時には「さっさと行くぞ」と子供たちを叱ったりします。子供たちにとっての胸躍る外出は、家を出てから帰るまで続くのに対し、私たちは公園に行くと決めたら、往復の時間を余分な労力やロスタイムとみなしてしまうのです。でも、その時をより楽しんでいるのはどちらでしょうか? これはきっと、子供たちの方が正しいのです。
例えば、ジョギングだって同じこと。健康のために仕方なくやっている人は、走っている途中から、ノルマを果たしたことによる充実感や、シャワーを浴びる爽快さといった、走り終えた後のことを考えがちですが、ジョギングを真に楽しむ人は、走る行為自体から、すでに大きな喜びを感じています。筋肉を躍動させ、血液をしっかりと巡らせることの充実感や、肌をつたい落ちていく汗の感触を、移り変わる自然と、それが奏でる音や香りを、そして時には、すれ違うジョガー達との気さくな交流を、現在進行形で楽しんでいるのです。実際、走っている時間は長いのに対し、走り終えたことによる満足感は、あっという間に色褪せてしまいます。


僕らは成功から得られるのと同じくらい、あるいはそれ以上の幸せを過程から得ることができるということが、幸福学の研究によってわかってきている。

結果としての快楽による喜びは、あっという間に霧散する。
幸福に生きたければ、その過程にこそ喜びがあることを知る必要がありそうだ。



ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



IMG_6867.jpg
妻とランチ。コロナと子供たちの冬休みで、妻とのランチは当分お預け。
お料理に興味のある方はこちらの記事をご参照ください。
【我が家お薦めのお手軽料理本】 ベスト3 ~ おいしくて簡単な本を厳選しました!

お手間でなければ、こちらも。

感染症・ウイルスランキング

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは連絡用です。 コメントはツイッターでのみ受け付けています

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム