ピアジェの時計で悦に入っていたら、ドゥ・グリソゴノでマウンティングされる!(笑) ~ 幸せとお金の経済学1


ロバート・H・フランク著、「幸せとお金の経済学」(フォレスト出版)の紹介。

内容を解説する前に、まずは「地位財」と「非地位財」について知ってもらう必要がある。
地位財は「主に周囲との比較により満足を得るもの」で、資産、家、車、社会的地位などが該当する。非地位財は、「他人との比較とは関係なく幸せが得られるもの」で、具体的には健康、自主性、社会への帰属意識、良質な環境、自由、愛情など、個人の安心・安全な生活のために重要となるものを指す。
調査により、地位財のもたらす幸せは、非地位財のそれよりも持続時間が短いことがわかっている。つまり持続的な幸福が欲しければ、非地位財に重きを置いた生活が有効だと言うことになる。

この本はまず、監訳者である金森重樹氏のまえがきから始まる。これが滅法おもしろかったので、ちょっと長めに抜粋する。
(ちなみにこの金森氏は、年収10億円の大金持ちだ)

“我が家のあるマンションの駐車場にはベンツとかポルシェとかが停まっています。
だから、我が家は、ベントレーにしました。W12のツインターボです。ベンツを買ったのでは地位財としては何も買ったうちに入りませんし、あんなものは港区においては貧乏人の乗り物だと思っていますので。
総体的に優位であるかどうかという判断から車の選択も他者の消費行動に影響を受けるといういい例です。
嫁にピアジェの350万円の時計を買ったときに、本人はたぶん、わずかの期間幸せを感じたと思います。数日後、ママ友が保育園に、ドゥ・グリソゴノの3000万円を超える(しかも遊び系のデジタルのあれです)時計をしてきてマウンティングされるまでは……。
(中略)
その瞬間、ピアジェは着けていても着けていないのと同じ状況に無効化されてしまったのです。地位財ですね。“

いやあ、話が派手だなあ(笑)。
金森氏のエッセイは以前ネットでよく拝見したのだが、地位財的なものは持続的幸福をもたらさないと説きながら、ご自身は中々地位財の呪縛から抜け出せない様子をユーモラスに描いていておもしろい。

明日は本文について書く予定。



ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

お手間でなければ、こちらも。

感染症・ウイルスランキング




IMG_5237.jpg
ローストポーク、キッシュなど。
お料理に興味のある方はこちらの記事をご参照ください。
【我が家お薦めのお手軽料理本】 ベスト3 ~ おいしくて簡単な本を厳選しました!

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは連絡用です。 コメントはツイッターでのみ受け付けています

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム