毎年春休みにグアムに行っていたから、2月に入ると体がウズウズしてきます。。。


ああ、リゾートに行きたいよう!
ということで3年前の旧ブログ記事をプレイバック。

***************************************
海、プールでとことん遊ぼう! もちろん昼からビール! でも食費はとことんケチるよ!!

家族でグアムに行ってきた。
子供たちの春休みを利用するのは、消去法による。冬休みは子供たちが所属している海洋クラブのスキー合宿があるし、第一、年末年始にかかると旅行代金が馬鹿高くなる。ゴールデンウィークも同様に高い。
夏休みは地元で存分に海遊びを楽しむことができるのに加え、グアムは雨期で海遊びには適さないので、行く意味があまりない。
となると、子供たちに学校を休ませるのでない限り、選択肢は春休みしかないということになる。

ホテルは今までと同様にPIC。
ウォーターパークが併設されているので子供を遊ばせるのにはもってこいのホテルだ。
浅瀬にもたくさん魚がいるのでシュノーケリングにも向いている。
カヌー、あるいはヨットで海上を走れば、澄んだ水面に日差しが反射する、きらびやかな輝きが目を楽しませてくれる。
それらに飽きれば、砂遊び。
小学生の次男、三男は、まだまだ砂遊びが好きな年なので、砂場セットを日本から持ち込んだ。
砂のキメが細かいので、城や山などは作りやすい。夢中になって作業をしていた。

IMG_7504.jpg

目的は子供たちとのんびり水遊びを楽しむことだけだから、ショッピングはしないし、食費も極力浮かせる。
朝食は近くのコンビニで前日の夜に買っておいたおにぎり類に加え、日本から持ち込んだオートミールと野菜ジュース。グアムにいるとどうしても野菜が不足するので、朝のうちに必要な繊維やビタミンを取らせてしまう。

IMG_7635.jpg

昼食は、これも日本で買っておいたカップ麺。グアムでも売っているが種類が少なく、割高だ。
5人×6日分だから笑ってしまうほどの量だが、大きめのスーツケースに遠慮なく詰め込む。貧乏臭く聞こえるかもしれないが、普段カップ麺を食べることのない子供たちは大喜びだ。

夕食はローカルなレストランからのテイクアウト。グルメ目的のツアーではないので、食事はこんな感じで十分だ。
安くておいしい。

IMG_7507.jpg

ただし、部屋は最初の旅からはアップグレードして、海が見える部屋をとった。
部屋から、そしてバルコニーから海が一望できるのは、やはりいい。ビールの味だって違ってくる。

2018041009240000.jpg

3年も続けてグアムに行くと、それまでの十数年間、仕事のために1度も海外に行けなかったことが信じられないように思える。
我ながらよくがんばったものだ。
アーリーリタイア万歳! だ。

えっ、いくらなんでも旅の仕方がケチ過ぎるって?
うん、よく言われる(´∀`*;)ゞ
*****************************************


グアムへは毎年春休みに行っていたので、今時分になるとウズウズしてくる。長男の反抗期が終わり、下二人は反抗期前。今が絶好の旅行のタイミングなんだけどなあ。
旅が貧乏くさいのは僕が若い頃散々バックパッカーをしてきた名残りもあるが、子供たちに倹約の術を学ばせたいという親心もある。「旅だから散在」とは違った価値観を教えてやりたい。
将来子供たちが巣立って妻とふたりで旅行するようになれば、もう少しお金をかけるようになる…かな?



ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは連絡用です。 コメントはツイッターでのみ受け付けています

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム