いやはや痛烈! 無明とは生存本能のことであったか! ~「ごまかさない仏教(新潮社)」


昨日のテーマ、「悟り」に関連してもうひと記事
佐々木閑、宮崎哲弥両氏による著書 「ごまかさない仏教(新潮社)」を紹介する。
まずは宮崎氏による「はじめに」から、少し長めに引用する。

ユヴァル・ノア・ハラリによる世界的ベストセラー『サピエンス全史』には、仏教に関する興味深い記述がみえる。
「心はたとえ何を経験しようとも、渇愛をもってそれに応じ、渇愛はつねに不満を伴うというのがゴータマの悟りだった。心は不快なものを経験すると、その不快なものを取り除くことを渇愛する。快いものを経験すると、その快さが持続し、強まることを渇愛する。したがって、心はいつも満足することを知らず、落ち着かない。痛みのような不快なものを経験したときには、これが非常に明白になる。痛みが続いているかぎり、私たちは不満で、何としてもその痛みをなくそうとする。だが、快いものを経験したときにさえ、私たちはけっして満足しない。その快さが消えはしないかと恐れたり、あるいは快さが増すことを望んだりする。人々は愛する人を見つけることについて何年も夢見るが、見つけた時に満足することは稀だ。相手が離れていきはしないか不安になる人もいれば、たいしたことのない相手でよしとしてしまったと感じ、もっと良い人をみつけられたのではないかと悔む人もいる。周知のとおり、不安を感じながら悔やんでもいる人さえいる」
「ゴータマはこの悪循環から脱する方法があることを発見した。心が何か快いもの、あるいは不快なものを経験したときに、物事をただあるがままに理解すれば、もはや苦しみはなくなる。人は悲しみを経験しても、悲しみが去ることを渇愛しなければ、悲しさは感じ続ける物の、それによって苦しむことはない」
「ゴータマは、渇愛することなく現実をあるがままに受け容れられるように心を鍛錬する、一連の瞑想術を開発した。この修行で心を鍛え、『私は何を経験していたいか?』ではなく『私は今何を経験しているか?』にもっぱら注意を向けさせる。このような心の状態を達成するのは難しいが、不可能ではない」
いささか取って付けたような意味付けになってしまうが、それを承知であえていえば、本書はこの記述の正しさを証拠立てるものである。


僕も『サピエンス全史』を読んだときに、このイスラエルの歴史学者による的確な仏教解説に舌を巻いた記憶がある。
なぜ西洋人が、ここまできちんと仏教を理解しているのか? と。
しかしおそらく、それは逆なのだろう。日常的に日本仏教に触れている僕らのほうが、ブッダの思想の本質から遠ざかっており、むしろ西洋の学者のほうが、純粋な形で伝統仏教を捉えることができるのだと思う。
本書の中で両氏は、仏教をさまざまな角度から掘り下げていくが、個人的には第2章、釈迦の真意を考えていくところがおもしろかった。
たとえば、「縁起」について。

p175~
宮崎 ところで、「縁起を正しく見る」とは、実際には何を意味するんでしょうか?
佐々木 最終的には、自分の中にある強い生存本能を見つめることだと思います。生存本能はわれわれに大きな力をもたらしてくれますが、同時に、すべての煩悩のおおもとである。それに気付くことが重要なんだと思います。
宮崎 根本煩悩。生存本能こそが無明なんですね。
佐々木 はい。その無明を自然に衰弱させていくようなところに、仏教の瞑想修行の一番の目的があると思います。

僕は仏教のこういう発想が好きだ。
そして近年、主に心理学分野での研究により、生存本能は遺伝子を残すことには有用だが、幸福のためにはむしろ障害になるケースが多々あることがわかってきている。
簡単なたとえでいえば、不安感。
心配症であることは生き延びるためには有用かもしれないが、幸福度はむしろ低下させる。
学者たちによる多くのアンケート調査によって明らかになってきたことを、釈迦が瞑想によって紀元前の時代に悟っていたというのは、実に興味深い。

なるほど、生存本能こそが無明であったか! と興味を持った方には(あまりいないと思うけど^^)ぜひおすすめの一冊だ。





ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




IMG_5766.jpg
おつまみ。スパークリングと合わせて。
お料理に興味のある方はこちらの記事をご参照ください。
【我が家お薦めのお手軽料理本】 ベスト3 ~ おいしくて簡単な本を厳選しました!

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは連絡用です。 コメントはツイッターでのみ受け付けています

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム