PCR検査と抗原検査をどのように使い分けるべきか、持論を述べる。


まずはふたつの検査の基本的な違いをおさらい。
PCR検査はウイルスの遺伝子を増幅して検出する方法で、とにかく正確だ。検体にウイルスが含まれていればまず間違いなく検出できる。
ではなぜ感度(感染している人が陽性と判定される確率)が100%でないのかといえば、ウイルスがうまく採取できるとは限らないから。
この感度の高さには弊害もあって、すでに感染が収まっている人からウイルスの残骸を拾ってしまい、すでに完治しているのに陽性になることさえある。本来はそのくらい高感度だと考えていただきたい。
特異度(感染していない人が陰性と判定される確率)は100%に近い。陽性とでたら感染しているか、近い過去に感染していたと考えてほぼ間違いない。
デメリットは手間とお金がかかること。特に手間は問題で検体を採取、輸送、検査、報告という流れの一か所でも目詰まりが起きれば機能しなくなる。日本ではこれがうまくいかず、検査数は人口当たりで途上国並みであることは散々言われている通りだ。

一方の抗原検査は、新型コロナウイルスに対する抗体を紙に貼り付けるなどして抗原を見つける方法で、ウイルス表面のタンパク質の断片を検出する。PCRと違って「増幅」しないため感度は低く、精密さに欠けるため特異度もやや低い。
そのかわり優れているのは早さと安さ。早期に診断をして感染者を隔離するにはPCRより有用だし、多用してもさほど費用はかからない。さらに感度は低いとはいえ、ウイルス量の多い、すなわち他者への感染性が高い人ならかなりの確率で見つけ出すことができる。
また、一度ラインをつくれば大量生産できるので、拡張もしやすい。
これで両者の大体の違いはおわかりいただけただろうか?

では実際の使い分けについて。
まず一番大切な有症状者の診断にはPCR検査を使うべきだろう。診断時、検体に必ずしも多くのウイルスが捉えられるとは限らない。その後の治療に直結することを考えれば感度の高い検査が必要だ。
そして濃厚接触者にもPCR検査を使って欲しい。感染している可能性がかなり高いし、日本ではそう数は多くないのだから、PCR検査でなんとか回せるはずだ。
ところが日本ではいまだに有症状者の診断に一部抗原検査を使わざるをえないほど、PCR検査の拡張が遅れている。もちろんどんどん進めてほしいが、日本は保健行政が硬直化しており、この手のことが「不得手である」ことは現実的に認識せざるをえないようだ。

次に学校、医療、介護などの施設について。
これは可能であればPCR検査が望ましい。というのも一元管理が容易で、重要性が高いから。
アメリカでは昨秋、週2回のPCR検査を教員、学生に義務付けることにより安全に大学を再開した。うまくいっている実績があるのだから、真似しやすい。
しかしアメリカでさえもすべての学校でこれができるわけではなく、一部は抗原検査を利用している。
https://www.kqed.org/news/11857118/can-rapid-covid-19-testing-for-kids-help-reopen-schools-some-california-districts-bet-yes
PCR検査でカバーできないなら、そこは抗原検査の出番だ。

その他、通常の会社や飲食店、あるいは個々人が気軽に受けられる検査について。これは抗原検査が適していると考える。
そもそも学校や施設を十分カバーした上で、ここまでPCR検査が拡張できるとは考えにくい。
たとえできたとしても、PCR検査の場合、まとめて検査会社に送付し早くて数時間後、利用者が増えて目詰まりが起きれば結果がかかるまで数日かかるという事態も生じうる(昨夏、ニューヨークでは結果が出るまで1週間かかり、意味をなさなくなった)。
施設と違って検体数も少ないため、検体の取りまとめも非効率的だ。
家で、会社で、あるいはお店の入店時チェックなどでは、その場で各自が簡単に施行でき、結果が判明する抗原検査が使いやすい。
偽陽性対策として、陽性時は別系統キットで再検査を。偽陰性対策として頻回検査を、というのは今まで散々言ってきたとおりだ。

まとめると、PCR検査は有症状者での100%を目指し、充足できたら学校や施設などに広げてほしい。
抗原検査はまず学校や施設で実施し、余力が生まれれば個人や会社、店に広げていく。学校や施設がPCR検査で補えれば、その分早く個人や店での利用にシフトすればいい。
国によって少しずつ違うが、欧米も大体このやり方をとっているようにみえる。
常に現実的な「解」を模索し続けてきた僕が考える、ふたつの検査の使い分け法。
賛同してくれる人がいればうれしい。



ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




IMG_7158.jpg

お料理に興味のある方はこちらの記事をご参照ください。
【我が家お薦めのお手軽料理本】 ベスト3 ~ おいしくて簡単な本を厳選しました!

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム