アーリーリタイアして初めて実感。通勤時間ってもったいないと思う!

アーリーリタイアして気づいたことのひとつ。
それは通勤時間のもったいなさ、だ。

僕は地方都市に住んでいて、現役医師時代、クリニックへの通勤は車で片道20分程度だった。
その頃は、
「通勤が20分ですむなんてラッキーだよな。首都圏じゃこうはいかないはず」
あるいは、
「20分くらいは音楽を聴きながら運転するのもいいな」
などと思っていたのだが、アーリーリタイアした今となっては、
「よく毎日40分も通勤に使っていたよな」
という感覚のほうが強い。

医師時代に家を出るのは、大体8時前だった。
8時15分か20分にクリニックにつき、自室の整理整頓、メールのチェックなどをして、9時から診察を開始となる。
今は8時前に子供たちを送り出したら、すぐに何らかの作業に取り掛かるようになった。
このブログの下準備をすることもあれば、勉強をしたり、運動をしたり。
で、一息つくのが、大体9時半。
この頃には、一仕事終えたような気分になっている。
開業医時代なら、まだ診察を始めたばかりの時間帯だ。

夕方も同様。
運動をしたり、文章を書いたり、子供たちの勉強をみたり、ベランダで一杯始めたり。
日によってすることは違うが、何にせよ、作業が終了するときにはすでに家にいることになる。
以前のように、時に渋滞に巻き込まれたりしながら、家路を急ぐ必要はない。

僕がこのマンションを買ったのは、お気に入りの公園がすぐ近くにあるからだ。
開業医時代は、家に帰ればすでに夜だから、窓からの景色をゆっくりと楽しめるのは休日に限られていた。
日が長い季節ならクリニックを出る時はまだ明るいことも多く、なんとか部屋からの夕日が拝めるかな、と思うこともあったが、大抵は間に合わなかった。
その頃はそういうものだとだけ感じ、深く考えることもなかったが、今になってみれば20分の通勤時間が実にもったいない。
1日の終わりに夕日を見られるかどうかで、その日の感触はまったく違うものになるように思えるからだ。

そんなわけで、もとから出無精な僕ではあるが、アーリーリタイアしてからさらに行動範囲が狭まったようだ。
図書館、プール以外は、ほぼ徒歩圏内で生活できている。
時間を有意義に使えて、実に快適だ。
(その図書館、プールも現在はコロナの影響で閉鎖中。やれやれ)

コロナの影響で、在宅勤務をしている人も多いと報道で知った。
通勤がないって楽! と喜んでいる人も多いのではないだろうか?
今後、仕事のあり方が大きく変わりそうな予感がしている。

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

検索フォーム