「集中力とは鈍感であること」って、気づいてました?~ 「出口版 学問のすすめ」より


出口治明著「出口版 学問のすすめ」の紹介。今日が最終回。
池谷裕二氏との対談部分から「集中力について」の部分を引用する。

出口
集中力とはそもそも何でしょうか。

池谷
集中力の正体は、意外に思われるかもしれませんが、鈍感であることです。
日常生活では、物音がしたり、話し声が聞こえたり、スマホの画面が目に入ったりしますね。こういう、集中力をそぐものをディストラクターといいますが、それを無視する力が集中力です。野生動物なら、身を守るため、エサをとるために、ディストラクターに敏感に反応しないといけません。自分の命を狙う肉食動物の気配を無視して、目の前の草に夢中になっていてはマズいわけです。
ところが、人間の社会では、これとは正反対のことを要求されています。「目の前の仕事に集中しなさい!」とね。

(中略)

出口
「集中力」というと、得意な才能のようにも感じられますが、「鈍感障害」という表現もできますね。

なるほど、集中力とは動物の視点に立てば「鈍感障害」に他ならないのか、と膝を打った。
僕らは集中力が高い人をうらやましく思いがちだが、考えてみればそういう人は事故を起こしたり、そこまでいかなくても乗り物で乗り過ごしたりすることが多いような気がする。
何かを達成するには「鈍感障害」が有効だが、日々をそつなく過ごすには集中力不足で悩むくらいのほうが適しているのかもしれない。

最後におまけ。
出口治明とはどんな人物なのか? 本書から抜粋して紹介する。

「僕のような突出したところがない人間は、将来、何を目指せばいいのだろう。得意なことがある人は、それが活かせる道を選ぶだろうけど、なんの取り柄もない僕はどうしたらいいのだろう――」
そこで“最もツブシが効くところ”ということで法学部を選びました。さらに親が「お金はあらへんで」というので、「じゃあいちばん近くの国立大学の法学部にいこう」と考えました。

へええ、近くの大学ってどこだったんだろう? と巻末の著者略歴をみてみると……。
京都大学とのこと。

ヤな奴(笑)。




ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




A765F10E-326C-4B14-847F-5E0CA38B3308.jpg
ロシア料理。
お料理に興味のある方はこちらの記事をご参照ください。
【我が家お薦めのお手軽料理本】 ベスト3 ~ おいしくて簡単な本を厳選しました!

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは連絡用です。 コメントはツイッターでのみ受け付けています

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム