クリスティナ・ロセッティ “覚えていて悲しんでいるよりも、忘れて微笑んでいるほうがいい”~幸せの名言32


32回目の今日は、イギリスの詩人であり、画家、クリスティナ・ロセッティ(1830~1894)。ダンテの妹だそうだ。

Christina_Rossetti_3.jpg

名言はこれ。

“覚えていて悲しんでいるよりも、忘れて微笑んでいるほうがいい”

前回、遺伝子プログラムに逆らって、楽観的になる方法があると書いた。この名言がそっくりそのまま当てはまるのだ。
脳科学分野において、「物事は記憶しなければならない」という思い込みを捨てることにより、楽観的になれるとされている。
幼少時から記憶学習の大切さを叩き込まれてきた僕らは、そもそも忘れることに対して抵抗があるし、人から受けた恩義を忘れるようなことがあれば、後々の不義理につながりかねない。
しかし記憶にこだわると、嫌な出来事から解放されにくくなり、悲観的な傾向を強めてしまうのだそうだ。
どうしても必要なことは、メモを残せばいい。そして、どんどん忘れよう。「忘れてはいけない」の呪縛から解き放たれることによって、楽観回路が働き出し、気持ちが楽になっていくはずだ。
さらに笑うことも有用だ。笑うことの効用は以前にも述べたが、気持ちを楽観的にする作用があることも知られている。
つまり「忘れて微笑む」ことにより、2重の意味で僕らはより楽観的になることができるのだ。

「すぐ忘れて笑ってるなんて、バカみたいじゃない?」
と首をひねったあなたは正しい。
幸福であるためには、多少「バカみたい」であるほうがいいのだ。
お利巧過ぎるのは不幸なだけでなく、肩が凝るし、何よりも人からは好かれないことが多いので、日常の立ち居振る舞いとしてはお薦めできない。

とはいえ周囲から呆れられ、信用を失っても困るので、それも程度問題ということで。



ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは連絡用です。 コメントはツイッターでのみ受け付けています

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム