我ながら、貧乏性だなあ。~高価なお皿を譲り受けたのはいいが、使うたびに緊張して困っている。


我が家のある日の食卓。
なんとも豪華に見えないだろうか?

IMG_5356.jpg

数年前、妻が通っている料理教室の先生が、収納場所が限界であることを理由に、いくつかの食器を手放すことになり、一部を妻が譲り受けることになった。高級なものばかりなのに、値段は格安。妻は大喜びだ。
我が家は客も多くないので、大事に取っておいてもしかたがないということで、日常的に使うことにした。
もちろん、僕だってうれしい。見た目が素敵なのは気分がいいし、料理の味わいだって深くなるように思える。
ただし、欠点もあって・・・。
まず、多くのお皿が食洗機で洗えない。やってみればなんとかなるのかもしれないが、とても試してみる勇気がない。
僕は皿洗いはわりとマメに手伝うので、仕事の量が増えてしまった。
そして運ぶ時や洗う時に、かなりの神経を使う。不注意で割ってしまおうものなら、妻からの不興を買うことは必至だ。
自分だけでなく、子どもたちが運ぶ時も、見ていて冷や冷やする。
そして、つい、
「下げないでいいよ。父さんがやっておくから」
などと言ってしまう。
精神的にも教育上も、はなはだよろしくない。

物というのは難しい。良い物をもつ喜びは、失う恐怖と常に表裏一体だ。
見た目はイマイチでも、気を使わずにすむ安いお皿でいいじゃないか、という気がしないでもない。
とはいっても、もはや逆戻りはできない。
それまで使っていた安いものはすでに処分してしまったし、一旦いいものに親しむと以前のレベルに戻すのは難しい。
落ち着いた日常を取り戻すためには、早く高級な食器に慣れるしかないのだが、数年たった今でもかなりの緊張を強いられている。

いやはや、我ながら貧乏性だなあ・・・。






ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは連絡用です。 コメントはツイッターでのみ受け付けています

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム