空腹が最高の調味料なら、快適なリタイア生活を送っていると、娯楽から得られる悦びが減るのではないか?


「空腹は最高の調味料」とよく言う。僕はこれに完全に同意する。
腹が減っていないときに食べる料亭の料理より、腹ペコのときにかきこむ牛丼のほうがうまいに決まっている。
同様に、部屋の整理をしているとき、出てきた本を読み返したり、アルバムのページをめくったりするのには麻薬のような楽しさがある。
「こんなことをしている場合じゃないんだけどな」
という気持ちがスパイスになり、その時をよりかけがえのないものにするのだろう。

となると、アーリーリタイア後は遊びがつまらなくなるということにならないだろうか?
忙しい仕事の合間につくった時間や、たまの休日には大いなる解放感がある。
普段から自由に生活していて余暇が日常になれば、それらのことを以前より楽しめなくなるのではないだろうか?
これについても、実はその通りだと思っている。
僕の場合、たとえば飲みにでるのが以前ほど楽しくはなくなった。だからふらりとバーを覗く頻度もずいぶん減った(コロナ禍だからではなく、その前から)。
そういえば、読書も以前よりは興味が湧かないような気がする。

これはあながち、悪い面ばかりとは言えない。
まずは酒。
前にも書いたように、以前より外で飲むのが楽しくないのは、そもそもそれが僕にとって大切なことではなかったからだと思う。日常のストレスを発散させるのが主目的で、生産性には乏しい。
「ストレスが減ったから、あまり飲みに出なくなった」と考えれば、むしろいいことのように思える。
読書も、確かに現役時代、隙間時間にページをめくるのは心躍った。
ただしまとまった量を読む時間はとれなかったから、手にするのは以前も読んだことがある、そして短時間で読めるエッセイの類が多かったように思う。
今は分量の大きい本に、正面から向き合うことができる。
「興味」「楽しさ」が単純に減ったのではなく、その「質」が変わってきたと言えそうだ。

と理屈ではそう納得はしているのだが・・・。それでも現役時代と比べ、娯楽から得る喜びが減っているのは事実で、一抹のさみしさもある。
そういう時は、自分に意図的に負荷をかけるしかない。
しなければいけないこと、面倒な雑用を一気に片付け、なんならその後、いつもよりもハードに体を動かしてもいい。
そうすれば、夕食での酒がよりうまいのは確かだ。
でも、そういうふうに考えると、それだけのために一日自分を追い込むなんて、バカバカしいという気もしなくはない。
うむむむ。

なんにせよ、アーリーリタイア→ストレスの低下→ある種の喜びの減少
という側面は確かにあるから、アーリー/セミリタイア希望者は、頭の片隅には入れておいたほうがいいように思う。
ある程度自分を律することができないと、楽しみもないままどんどん堕ちていくことになりかねないので。



ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村






IMG_7857.jpg
フルーツたっぷりの牛乳寒天。
お料理に興味のある方はこちらの記事をご参照ください。
【我が家お薦めのお手軽料理本】 ベスト3 ~ おいしくて簡単な本を厳選しました!

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは連絡用です。 コメントはツイッターでのみ受け付けています

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム