幸福になるための最大の鍵とは? 科学的データから紹介する


今回紹介するのはソニア・リュボミアスキー著「幸せがずっと続く12の行動習慣(日本実業出版社)」。



著者はカリフォルニア大学リバーサイド校の心理学教授。ポジティブ心理学でお薦めを1冊を選べ、と言われたらこの本になる。

まずこの円グラフを見てほしい。

85ad6bd4fb90bc783edecc8aadbf41c1.jpg

以下、引用。
p33~

“おそらく、もっとも意外に思われるであろう結論をこの円グラフは示しています。「裕福か、貧乏か」「健康か、病気がちか」「器量がいいか、人並みか、既婚者か、離婚経験者か」などの生活環境や状況による違いは、幸福度のわずか10%しか占めないということを。(中略)
この結論にはしっかりとした科学的根拠があります。とてもよく知られた研究結果ですが、「年収1000万ドル以上のとりわけ裕福なアメリカ人の幸福度は、彼らが雇っている労働者の幸福度と比べて、やや上にすぎなかった」ということが報告されています。“

金だの美醜だの、社会的地位などというものがはたす役割は、人の幸福度のうち10%、遺伝分を除外して計算しても20%にしかすぎない。
で、残る40%(遺伝子分をはずすと80%)はというと。

p35~
“遺伝子や、生活環境のほかに、重要なものが一つ残っています。それは私たちの「行動」です。つまり、幸福になるための最大の鍵は、遺伝子の性質を変えること(不可能ですが)にあるのではなく、「環境を変えること」(つまり、富や魅力、もっといい同僚を求めること)にあるのではなく、「私たちの日々の意図的な行動」にあるのです。それを頭に入れると、あの円グラフが表しているのは、幸福度を高めるために、40%は私たちがコントロールできるということです。その40%とは、日常生活での行動や考え方を通じて幸福度を高める余地やチャンスがたくさんあるという意味でもあるのです。
これはじつに素晴らしい情報です。つまり、とても幸せにしている人々が自然にどんな行動をとり、どんな考え方をしているかを注意深く調べれば、誰もがいまよりずっと幸せになれるのです。“


ここまで読んで、
「ええっ、僕はせっかく金持ちで、成功していて、見た目もイケてるのに、それが幸福につながりにくいなんてがっかり!」
と嘆いている人は、そう多くはないだろう。
幸せになるには資産や社会的地位、あるいは美醜よりも、行動習慣のほうが4倍も重要とは!
この知見は僕に「4週間で幸せになる方法」を執筆させる、猛烈なモチベーションになった。

明日もこの本の紹介を続ける。




ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは連絡用です。 コメントはツイッターでのみ受け付けています

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム