自分の心なんて、弱くて脆くて全然大したことはない


「4週間で幸せになる方法」という本を出している関係上、本ブログではときおり幸福に関係しそうな本を紹介している。
今日は先週予告したとおり、スリランカ上座仏教長老、アルボムッレ・スマナサーラ氏の著書を紹介する。タイトルは「心は病気(サンガ)」。



なぜ心は病気か?
本書で述べられていることは、「エゴが支配しているから」ということ。
その病気を治すにはどうしたらいいか。
「自我を捨てればいい」となる。

p67
“自我を捨てるということは、「自分の心は、弱くて脆くて大したことないものだ。どうでもよくてくだらない心だから、誰のものでもべつに同じだ」という事実を認識することです。”

素晴らしい教えだと思うし、そういう境地に憧れはあるが、もちろんこれはそう簡単ではない。
達成したいと思ったら、禁欲的な生活を送りながら、瞑想に励み、心底から、「欲なんて馬鹿らしい。自我なんてどうでもいい」ということを感覚的に理解しならなければならないだろうからだ。
とりあえず今の僕には、そこまでのモチベーションは湧いてこない。
ならばなぜ僕が仏教の書を好むかと言えば、たとえ悟りの域に達しなくても多くの気づきを得られるから。
この本のなかにも僕が傍線を引いたところがいくつもある。

p46
“このように、精神的な病気というのはぜんぶ、現実をごまかして自分を守るために、心がつくるカラクリだと思って間違いありません。”

医師として言わせてもらえば、これはやはり言い過ぎで、すべての精神疾患がそうだということは絶対にない。
ただし、言いたいことはわかる。
「ぜんぶ」ではなく、「そういうケースも多い」と勝手に文章を変えて読めば、大いに納得できる。
僕らは自我意識によって過剰なまでに自分自身を守ろうとしていて、潜在意識の中で(つまり自分では気づかぬまま)あらゆる手段を用いて、それが否定されるのを防ごうとする。
このあたりは、一時期流行ったアドラー心理学にもつながりそうだ。

あすも本書から、好きな個所を引用したい。



ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


手前味噌ですが、最速で幸せになるにはやはり本書かと。




IMG_5379.jpg
タイ風パイナップルチャーハン。
お料理に興味のある方はこちらの記事をご参照ください。
【我が家お薦めのお手軽料理本】 ベスト3 ~ おいしくて簡単な本を厳選しました!

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは連絡用です。 コメントはツイッターでのみ受け付けています

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム