あなたにとって完璧なリタイアのタイミングを科学的に検証してみよう!


少し前の本だが、「When 完璧なタイミングを科学する(講談社)」からの紹介。
アーリーリタイアブログ的にちょうどいいと思ったのは、「仕事の辞めどき」という部分で、次の5つの質問のうち2つ以上ノーという答えが出たなら、仕事を辞めるべき時かもとのことだ。
ぜひ皆さんも一緒にやってみてもらいたい。
ちなみにこれはリタイアではなく転職を前提としている。

1.次の就職記念日に、この仕事をしていたいだろうか?
2.現在の仕事にやりがいを感じられ、自分でコントロールできているか?
3.上司はあなたが最高の仕事をできるようにしてくれるか?
4.転職のタイミングから外れているか?
(内山注;ちょっとわかりにくいが、この問いに「ノー」、すなわち今が転職に有利なタイミングであるなら、仕事の辞め時ということ。アメリカでは入社後3~5年が転職のベストタイミングなんだそうだ)
5.日常業務が長期目標と一致しているか?
(今後5~10年間の目標を書き出してみて、それを今の会社が応援してくれるかどうか?)

これはなかなか厳しい。
「仕事の辞め時ではない」すなわち、「ノー」が1つ以下という人のほうが少ないのではないか?

開業医だったころの僕でいえば、
1、2、5は明らかに「ノー」。
忙しさから精神がすり減っていて、前向きな気持ちを保てずにいた。
3については、そもそも上司がいなかったので答えようがない。ただ、「上司」を「医療を監督する行政」と置き換えれば、やはり「ノー」。無駄な書類の多さには辟易とさせられた。
唯一、4に関してのみ「イエス」。開業医を辞めたのが47歳の時だから、普通に考えれば転職には年を取り過ぎている。
というわけで5つ中4つが「ノー」。
医師の職を辞し、大きな変化を求めるべき条件はそろっていたということになる。

現在のブログを書いたり本を出したりといった活動はどうか?
1、2、4、5は「イエス」。
残る3についてはやはり「上司」がいないので答えようがないが、これを「出版業界」と置き換えれば、残念ながら「ノー」。
非常に厳しい業界であると実感している。
でも5つ中「ノー」がひとつだから、とりあえずは「転職」を考える必要はなさそうだ。

皆さんはいくつ「ノー」があっただろうか?
「ノー」の数が多くて十分な蓄財が完了していればアーリーリタイアの時期。
「ノー」の数が多くても蓄財が十分でなければ転職を検討する時期、ということになる。
そして一番幸せなのは、「ノー」がゼロの人。
ただただ、うらやましい。
でもそんな人、どのくらいいるんだろう?

この本はそのほかにも、仕事、昼寝、運動から離婚(!)まで、さまざまな活動の「正しいタイミング」を科学的に検証していて、実に楽しく読めたし勉強にもなった。
おすすめだ。




ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



IMG_5388.jpg
卵かけご飯。卵白はホイッパーで泡立て、自家製XO醤と小葱を混ぜて食べる。絶品。
お料理に興味のある方はこちらの記事をご参照ください。
【我が家お薦めのお手軽料理本】 ベスト3 ~ おいしくて簡単な本を厳選しました!

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは連絡用です。 コメントはツイッターでのみ受け付けています

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム