アーリーリタイア準備でお金と同様に大切なのは、リタイア後も維持できる社会との繋がりだと思う

再三書いてきた通り、僕は2016年の2月にセミリタイアした。
手法は自著“幸せの確率~あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ”や本ブログで書いてきた通り。
目的はというと、のんびりしたかったのもあるが、「本当に自分がやりたいこと」のための時間がほしかったから。
やりたいことはその当時からいくつかあったし、その後多少の入れ替わりを経て、やはり今でも複数ある。

そんな中とりあえず最優先課題だったのは本を出すことで、それが前述した“幸せの確率”や“4週間で幸せになる方法”にあたる。
出版への道のりは険しく、本当に大変だったが、ほぼ愚痴になってしまうのでここでは触れない。
今日書きたいのは、僕が出版に取り組んでいたときの、周囲の反応や、協力だ。

ほとんどの出版社は、素人の持ち込み原稿を募集していない。
小説なら新人賞があるが、一般書にはない。
となると僕のような無名の一般人が原稿を読んでもらうためには、多少のコネが必要になる。

ある友人は迷走する僕を全面的にバックアップしてくれた。
幅広い人脈を生かして原稿の売り込み先を探してくれたし、出版に成功した後も、なかなか売れない自著の販売促進に惜しみなく協力してくれた。
こういう友人を得たことは、宝であり、この上ない幸運だと思っている。

その逆のタイプもいる。
「応援するよ。人脈もあるし」
などと調子のいいことを言いながら、待てど暮らせど、さっぱり誰も紹介してくれない。
僕が苦戦している間はちょくちょく連絡してきて、励ましの言葉をくれるのだが、出版に成功したとたん、そっぽを向いてしまった。
本を手に取ってくれることもない。
僕の失敗を期待していたのに、それに反してうまくいってしまったので、がっかりしているんだろうな、と考えるしかない。

ここで、
「リタイアして、誰が本当の友人かがわかった」
と締めくくれば記事としての収まりがいいのはわかっているのだが、実のところ、そういうわけでもない。
僕の場合、ほぼ予想通りだった。
親切だと信頼していた人は最後まで親切だったし、心底では僕の活動を支援してないんだろうなと感じていた人は、蓋を開けてみても、やはりうわべだけだけであった。
その辺の勘どころは、多分僕は悪くない。
ただし、そこを見抜けないままリタイアして、裏切りのような行為をうけることがあれば、落ち込んでいたかもしれない、とは思う。

アーリーであろうがなかろうが、多くの人はリタイア後、友人や、つきあいのある知人の一部を失うようだ。
僕のように、友人をまったく失うことなく(もともと少ないから、というのもある)、逆に新しいつきあいを順調に増やしていくというケースは珍しいのかもしれない。

今日書きたいこと。
それは、もし本当にあなたがアーリーリタイアを目指すなら、決断の前に、自分の交友関係を冷静にみてほしいということだ。
リタイアしてもつきあいが続くのはそのうち誰か。
そして、それはリタイア生活を豊かに保つのに、十分だといえるかどうか。
あるいは、リタイアしても話が合うかどうか。
仕事の話や、業界の噂話が会話の大半を占めるようなら、リタイア後、その人物とは疎遠になる可能性が高い。

アーリーリタイアに十分な金融資産が不可欠なのはもちろんだが、リタイア後も継続できる社会的つながりの有無も、軽視してはならないと僕は考えている。
その人がもっている「孤独」への耐性にもよるとはいえ、社会的つながりの喪失は、一般的には幸福度を下げることが多い。
頭の片隅には置いておくべき点だろう。

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

検索フォーム