20代、30代でFIREするのは危険!? あなたにも深刻な「中年の危機」が訪れる可能性が…


引き続きDabo氏によるFIRE否定記事について。
(Dabo氏の記事;20代、30代でリタイアする「FIREムーブメント」にやっぱり警鐘を鳴らしたいなぁ
前回、Dabo氏のブログタイトル、「20代、30代でリタイアする『FIREムーブメント』にやっぱり警鐘を鳴らしたいなぁ」には賛成だと書いた。
しかしその理由はDabo氏が主張する、「FIREを薦める人は税金、教育費、技術の進化を考えていないから」ではない(それに対する反論はすでに書いた)。
僕が若い時分でのFIREが危険だと考えるのは、人の価値観は中年期において大きく揺さぶられる可能性があるから。
ユングの提唱した「中年の危機」だ。
自著「幸せの確率―あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」から引用する。



幸せの経年変化について、今度は精神分析学の古典からアプローチしてみます。「自己実現」という言葉は、皆さんもよく耳にすることでしょう。自分探しをして、自分のやりたいことをみつけ、それを実現させるような意味に使われます。
では、「自我実現」はどうでしょうか? こちらの方は、あまり馴染みがないかもしれません。
実はこれらの言葉は、スイスの心理学者ユングが最初につくったもので、自己実現は、自分が通常考える自分(自我)を超えて、無意識の自分をも含めて自己と捉え、それを開花させること、つまり、自分では意識せず、活かしきれていない、潜在的な性質や能力をも導き出して、本当の自分らしく生きることを意味します。
一方の自我実現は、自我の範囲内で、社会的に評価されるような目標を達成すること。努力して専門的な仕事についたり、大きなプロジェクトを成功させたりといった、意識した上で欲していた結果を得ることはこちらに含まれるので、現在、自己実現という言葉は、ユングの意図した本来の意味ではなく、むしろ自我実現に近い意味で使われることが多いようです。
ユングは、自分に相談に来る人々のうち、かなりの人が十分な地位的地位や財産に恵まれ、自我も確立した、一見した限りでは何の問題もなさそうな成功者であることに気づきました。そして、そういう人たちこそ、「本当に自分が望む人生を歩んでいるのだろうか」という悩みを抱くのだと考えたのです。そのような状態をユングは「中年の危機」と呼びました。それは、自我実現によって得られる精神的安定の限界であり、そこを起点として、人によっては自己実現へ向けてのチャレンジが始まります。自己実現は潜在意識までを含むので、自分にとってもよく意義のわからない要素も多く、達成には困難をともないますし、さらに、良識的なコントロールが効かなくなるため、時として社会や周囲との調和も難しくなってしまうのですが、それを成し遂げることによって、新しい創造性へと飛躍できるだけでなく、いずれ訪れる自身の死までも含めて、しっかりと心全体で納得し、受け止めることができるというのです。
現役時代の私は、ドクターとしての仕事に、誇りも、やりがいも感じていましたが、それでも数年ほど前から、患者さんの役に立つことによる喜びが、少しずつ薄れてきたことに気づいていました。単に仕事に慣れ過ぎたり、忙しすぎる日々によって感受性がすり減ったりしただけだったのかもしれませんが、もしかしたら、それは「中年の危機」だったのかもしれませんし、冒頭で述べた、自分が死に直面しているという悪夢こそ、まさに、自己実現を求める潜在意識の発露だったのかもしれません。


中年期に少なからぬ人が、自我が崩壊するかのような悩みを感じ、自分の人生に疑問を抱くようになる。
その前にFIREするのは、あまりにリスクが高いように思えるのだ。特に日本では一度職歴をドロップアウトした人が元の職場に復帰するのは諸外国と比べ難しい。
今や人生100年時代。中年の危機を終えた50歳あたりでは、ひょっとしたら人としての価値観が180°変わってしまう可能性さえある。しかも残りの人生はあと50年も続くのだ。
あまりにもリスクが高いし、そもそも100年のうち20-30年くらいは、仕事が生活の中心にあるような日を送るのも、そう悪い経験ではなかろう。
夢のない話に聞こえるかもしれないが、100年というのは非常に長い。「10年ひと昔」とよく言うが、それが10回繰り返されるのだから、相当な期間であると考えて間違いない(僕自身、まだその半分しか生きていないので想像にすぎないが)。

というわけで僕はDabo氏のブログタイトル「20代、30代でリタイアする『FIREムーブメント』にやっぱり警鐘を鳴らしたいなぁ」には大いに賛成なのだ。
それに自由な生活はある程度不自由な生活の後に得て、初めて本当のありがたみがわかるのかもしれないしね。




ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



IMG_0201.jpg
甘味。
お料理に興味のある方はこちらの記事をご参照ください。
【我が家お薦めのお手軽料理本】 ベスト3 ~ おいしくて簡単な本を厳選しました!

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは連絡用です。 コメントはツイッターでのみ受け付けています

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム