今の時代こそ、知識ではなく知恵が求められていると思う~”大遺言(小学館)”を読んで

セミリタイアしてから、大量の本を読んでいる。
こんなに本を読むのは、もちろん人生で初めてだ。

昨日読んだのは、永六輔さんの孫、永拓実さんによる“大遺言”(小学館)。

永六輔さんが残した言葉をエピソードを交えて紹介している本で、心に染みるフレーズがたくさんある。

“P32
知識でしゃべらず、
知恵でしゃべる。
何を説明するかじゃない。
何を伝えたいか考える。“

いつの時代も、知識と知恵とを混合している人は多い。
ものを調べるのに書庫が必要だった時代と違い、ネットがこれだけ発達した現代においては、知識のもつ意味ははるかに少なくなったと僕は考えている。
知りたいことは、検索すれば大概のことが出てくる。
むしろ圧倒的に大切なのは、それをかみ砕いたり、色づけをしたりする「知恵」であり、そのためには知識に加え、経験と考察力が必要になってくる。
話をしていても、知識ばかりを語る人は、個人的にはつまらない。
それならPCでもいじっているほうがましだ。
僕自身、知識ではなく知恵を深めたいとは常日頃から考えていて、目標のひとつになっている。

“P41
仕事は人生の
ごく一部でしかない。
一番やりたいことに
こだわろう“

まったく同意。
やりたくない仕事のために振り回されているようなら、早めに経済的独立をはたして、興味のあることに専念できる状況をつくり出すことが、自分自身の人生を真に生き抜くためには重要であるように思える。

“P50
変だと思うことに
疑問を持ち、
時間がかかっても
自分で解決しよう“

10数年前、開業医としてある程度の成功を収めた僕は、なかなかの収入を得るようになった。
おおっ、これはいいぞ、と決して安くはない外車を買った。
高いバーで飲むようになった。
ところが幸せを感じるのは最初だけで、それに慣れてしまった後は(そして、あっという間に慣れた)、さっぱり幸福度が上がっていないことに気づいた。
(心理学で『快楽順応』と呼ばれる現象だと、後になって知った)
幸せは経済的成功の先にはないのなら、どこにあるのだろう? と、さまざまな本を読み漁ったり、考察したりした結果、僕は自分が興味のあることにしっかりと打ち込める人生を選択し、2016年にセミリタイアすることになる。
今の僕があるのは、あの時ふと感じた、「ある程度以上の経済的豊かさは幸せにつながらないんじゃないか?」という疑問を放置せず、自分なりに考えた結果なのだ。
だからこの言葉には、強い共感を覚える。

“P68
無駄なことは
何もない。
無駄にする人が
いるだけだ“

気持ちがくじけそうな時に、思い出したい言葉だ。

“P93
歩くことも旅。
いろんな目を持って歩けば、
様々な「気づき」がある“

このあたりで、「どうも仏教的だな」、と感じたので調べたところ、永六輔さんは寺の息子として育ったのだそうだ。
(ほら、疑問があればちゃんと調べているでしょう? 笑)
身近なところに様々な「気づき」があることは、僕もアーリーリタイアしてから強く感じるようになった。

“P137
他人と比べても仕方ない。
他人のことが気になるのは、
自分が一生懸命やって
いないからだ“

開業医時代、僕は僕なりに一生懸命やっているつもりだったが、それでも他のクリニックの動向は気になった。
その頃にこの言葉を聞いたら、反感をもっていたと思う。
ところが今は、他人と自分の境遇とを比べることがほとんどなくなった。
あの頃と今とでは、いったい何が変わったのだろう?
開業医時代には、やはり「成功したい」、「人より上に行きたい」という思いがあったのだと思う。
情熱がさらに高まれば、その邪心が消え、他人と比べる気持ちさえ失せるのだということを、僕はアーリーリタイアとその後の活動を通じて実感できたというわけだ。
実に厳しいが、鋭い言葉だと思う。

“P159
怖がらなくていい。
死ぬということは、
旅から帰るようなもの。
家に帰れることへの
安心感もある“

これも実にいい言葉だ。
書きとめておいて、晩年に読み返したい。

以上、自分への備忘録も兼ねて記事にしてみた。
いい言葉は心の良薬だとしみじみと感じる本であった。

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム