そう、治った? って、ンナわけない!


今回紹介するのは御手洗端子著「ブータン、これでいいのだ(新潮社)」。



幸せの国として有名な、ブータン。著者はブータン政府初代首相フェローとして勤めたという経歴をもつ。
まずは読んでいて笑ってしまったエピソードをふたつ紹介する。

労働時間について、著者、GNH(国民総幸福量)コミッション長官、同僚のワンゲイの3人の会話

p70~
“ワンゲイ 「でも長官、ちょっと働き過ぎじゃないかって、みんな言ってますよ」
長官 「え、本当? みんなってだれ?」
ワンゲイ 「みんなですよ。昨日もタンディンとナムゲイと昼飯食いながら、その話になったんですよ。GNHコミッションの長官なのに、本人が働き過ぎだよな、って」
長官 「そんなことないよ。毎週こうやってサッカーしてるし」
ワンゲイ 「いや、家族との時間が足りないってことですよ。いつも帰るの遅いし」
長官 「う~ん・・・、それはそうかもな。でも、今はそういう時期だと思ってる。仕事から学ぶことがとても多いんだ。いまは人生の中でも、働きどきの時期だって位置付けてるよ」
ワンゲイ 「大臣がそういうのならいいですけどね・・・でもみんな心配してますよ」
私 「長官、いつもどれぐらい働いているんですか?」
長官 「いや、日本人から見たらたいしたことないよ~、全然たいしたことない」(照れる)
私 「参考までに! だいたい、何時から何時ぐらいまで働いてるのですか?」
長官 「う~ん、9時から、19時半ぐらい。でも今は冬場だから、18時くらいかな(照)。日本人的には、どう?」
私 「・・・・・・。全然ありだと思います」“

のどかでいいなあ。
次は著者が体調を崩し、病院に行ったときの医師との会話。

p88~
“医者 「う~ん、たしかにミキ、具合悪そうだねぇ。今日来た患者さんの中で一番具合が悪そうだ」
私 「はい・・・・・・」
医者 「ちょっと、しばらくここに横になっててくれる?」
私 「はい」
(10分経過)
医者 「どう? 治った!?」
私 ・・・・・・。んなわけないっ!“

いいなあ。僕もブータンでなら医者として復帰してもいいかも。
でも、医者がこれじゃあ患者さんはたまったもんじゃないね(笑)。

次回は幸福に関する、肝心な部分を紹介する。



ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




2020071716500000.jpg
好きな銘柄のひとつ。

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは連絡用です。 コメントはツイッターでのみ受け付けています

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム