にっこり笑って、「これでいいのだ!」


今日は前回からの続きで、御手洗端子著「ブータン、これでいいのだ(新潮社)」。



昨日も紹介したGNH長官の幸せに対する考えが、本の終盤で登場する。

p213
“「幸せを願うのであったら、自分の幸せではなく、周囲の人の幸せを願わなくてはいけない。家族だとか、友人だとか、自分の身近な大切な人たち。そして周りの人たちが幸せでいられるように、できるかぎりのことをするんだ。知ってるかい? 人のためになにか役に立つことをして、相手が幸せになるのを見ると、自分にもとても大きな満足感が返ってくるんだよ。それは、自分のためになにかしたときより、ずっと大きな満足感なんだ。幸せになりたかったら、まず、周りの人の幸せを願って、そのためになにかすることが大切なんだ。自分の幸せを探し出したら、幸せは、みつからないんだよ。ブータン人は、それをみんなよくわかっている」”

きれいごとに聞こえるだろうか?
実は彼の言っていることの正当性は、近年、幸福学の研究によって科学的に裏付けられてきている。
さらに長官の話は続く。

p216
“「そもそも、僕たちができることなんて、限られているんだ。だから、自分にできることを等身大でがんばればいい。できることを、すればいい。(中略)
だから、自分がどうにかできることにフォーカスするんだ。それ以外のことについて、課題をみつけて嘆いたりしていても、仕方がないんだよ。自分の身の丈を超えて、生真面目に思い悩みすぎてはだめだ」“

著者は本書をこのように締めくくっている。

p218
“生真面目にならない。
どうにかせねばと思いすぎない。
肩の力を抜く。
そして、にっこり笑ってこう言ってみる。
まずは自分に言ってみる。
「これでいいのだ」と。

ブータン、これでいいのだ。“

そのままは真似できなくても、幸福のためのアイディアが本書にはたくさん詰まっている。
生真面目な僕ら日本人こそ、彼らから学ぶべきだと思う。
軽妙な文章も楽しい、お薦めの一冊だ。



ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




IMG_1162.jpg
イワシの梅煮。
お料理に興味のある方はこちらの記事をご参照ください。
【我が家お薦めのお手軽料理本】 ベスト3 ~ おいしくて簡単な本を厳選しました!

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは連絡用です。 コメントはツイッターでのみ受け付けています

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム