好きなことをやったほうが、成果も上がりやすいというシンプルな事実


前回から紹介しているのは池谷裕二著「できない脳ほど自信過剰」。


今回は、子供や部下の教育・育成に参考になりそうな部分を2か所、引用の上紹介する。

p34
“博士らは65人の若者たちにテレビゲームで立体迷路を練習してもらい、翌日にどれほど覚えているかをテストしました。ここでは1日目の学習に3つの異なる条件を用いています。
① 成功したらそれに応じた報酬金が得られる。
② はじめに報酬金が一定額与えられ、失敗するたびにそこから減額される。
③ 報酬金なし。
実験を行うと、成績が一番よいのは①の学習法でした。これは予想通りでしょう。おもしろいのは②と③の差です。成績は③のほうがよかったのです。②では、たとえ最終的に報酬金を得られても(この意味では①と同じ条件のはずですが)、かえって成績が低下することがわかりました。つまり、報酬は存在しさえすれば、いつでも「強化」として作用するわけではありません。減点法で得た「残額」という報酬は、むしろ弱化として働くわけです。“

教育現場では、「~を間違えたら何点減点」という採点法がまかり通っているが、これは生徒を伸ばす目的においては、はなはだよろしくないということになる。
次にp143から。
データも引用すると長くなるので、結論部分のみ。

“ヤル気を維持するためには、目標や夢は多いほどよいと、つい考えがちです。しかし実際には逆で、目標を多く掲げる人ほど、案外と仕事が長続きしないのです。(中略)「単に好きだからやっているだけ」という人が最終的によい成果をあげていることは確かです”。

僕の前職であった医師で例えると、「医師の仕事が好きだから」という理由で働いている人のほうが、「やりがいがあるから」、「給料がいいから」、「社会的ステータスが高いから」という理由で働いている人よりもよい成果を出すということ。
ここまではわかりやすい。
興味深いのはここからで、「好きだから」という理由だけで働いている人のほうが、好きなのに加え、他の理由もいくつもある人よりも仕事が長続きするのだそうだ。
つまり仕事を選ぶときは、「好きかどうか」が大切であり、他の理由はむしろないほうが成功するということになる。
子供や学生が将来の選択について迷っている時に、「こっちのほうが収入がいいよ」、あるいは、「人に尊敬される仕事だよ」といったアドバイスをすることは、その子が仕事で成功する確率を下げることになりかねないのだ。

より幸福に生きるために、そして子供や教え子により幸福な人生を歩んでもらうためにも、押さえておいたほうがいい知見であるように思える。
そしてそんな知見が盛りだくさんな自著がこれ、さりげなく宣伝してお終い(…さりげなくないって)






ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




IMG_8294.jpg
近所の神社にて。

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは連絡用です。 コメントはツイッターでのみ受け付けています

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム