中年期にもっとも不幸になるのは、世界共通の傾向? いえいえ、それどころか霊長類共通なのです!


今日紹介するのはダニエル・ピンク著「When 完璧なタイミングを科学する」。
著者はクリントン政権下でゴア副大統領の首席スピーチライターを務めたこともある大物だ。



タイトルの通り、この本ではさまざまな行動の「タイミング」について、科学的な検証を行っている。その中でまず目を引いたのが、「幸福度は50歳で最低になる」という部分。ちなみに僕もその辺りの年齢だ。
アメリカで34万人を対象に調査を行ったところ、20代と30代はかなり幸福感を抱いているが、40代から50代初めにかけて幸福度は下がり、55歳以降で再び上がっていた、とのこと。グラフにすると、中年期に落ち込む「U字型曲線」を描くのだそうだ。
ちなみにこれはアメリカだけではなく、アルバニアからアルゼンチン、ウズベキスタンやジンバブエにいたるまで、72か国の幸福度においても、統計的に優位なU字型を示した、とのこと。
いやはや、僕は幸福度が最低の年齢であったか。
幸福学の勉強にはまったのもうなずけるというわけだ。
50歳を最低とし、中年期の幸福度が低下することについて、みなさんならどんな理由を考えるだろう?
希望が実現しそうもないと認めざるをえなくなる年だから?
中間管理職として上下に挟まれて、ストレスが強いから?
子供に一番お金がかかる年齢だから?
確かにそういった理由もあるのかもしれない。ところが、である。
なんと人間ではなく、チンパンジーとオランウータンの研究でも、同じようなU字型曲線を抱き、中年期がもっとも幸福度が低いのだそうだ。
となると理屈抜きで、ただ「霊長類はそのように作られている」だけという可能性も高くなってくる。

現在50歳周辺で、幸福を感じにくくなっている人がいたら、ぜひ自著”4週間で幸せになる方法 Twenty-eight tips to create joyful life”を活用していただきたい。

次回もこの本の中から、興味深かった知見を紹介したい。





ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




IMG_6434.jpg
自宅で焼き鳥。
お料理に興味のある方はこちらの記事をご参照ください。
【我が家お薦めのお手軽料理本】 ベスト3 ~ おいしくて簡単な本を厳選しました!

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは連絡用です。 コメントはツイッターでのみ受け付けています

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム