幸福感には収入より自己決定度が重要であり、学歴は幸福感につながりにくい…らしい。


現代ビジネスにおいて、西村和雄・神戸大学特命教授と八木匡・同志社大学教授が自らの研究結果を記事にしているのをみつけた。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58124
重要なポイントは、以下の3つ。

・自己決定度、年収ともに幸福感と相関するが、自己決定度の方が影響は大きい
・年収は確かに幸福度と相関するが、年収の増加率ほどは幸福感は増加せず、1100万円以上になると幸福度の上昇をもたらさなくなる
・学歴は幸福度に有意な影響を及ぼさない

僕は開業医の職を辞し、2016年にアーリーリアイアした。その後、本を出したり、口演に呼ばれたりしたりして多少は稼いでいるものの、もちろん年収は激減。
それでも今の方がよほど幸せなのは、「自己決定」を大切にしたからと考えれば、見事に辻褄が合う。

人生において何度か大きな岐路に立たされたが、考えてみれば僕は人に相談したことがほとんどない。ほぼすべての選択において、自分自身で決断してきたつもりだ(人の意見に従っていたら、そもそもアーリーリタイアなんかするわけがない)。
もう50歳も過ぎたことだし、今後もこの性格は変わらないと思うし、幸せのためにはどうやらそれでいいようだ。

自分のことはさておき、この記事を読んで個人的に気をつけなければと考えたのが、子育てについて。親はえてして子供の行く先にレールを敷いてしまおうとしてしまいがちだ。
子供よりも人生経験が長く、それに伴って視野もそこそこ広まったと感じているし、親として子供の性格や適性も大体みえているから、自分たちが代わりに道を選んであげた方が子供も幸せな人生を送れるだろうと、つい思ってしまう。
でも自己決定度のほうが年収などより幸福感に大きく寄与するのなら、進路、就職に下手に干渉することは、子供の幸福度を低めてしまうことになりかねない。
子供たちに愛情を注ぎながらかつ適度な距離を保ち、適切な助言を与えながらも自己決定権を尊重する。
そう簡単なことではなさそうだ。

僕は親として過干渉になっていないだろうか?
せっかくのデータを参考にしながら、息子たちに対する接し方に反省すべき点はないか、関係のあり方を見直してみるつもりだ。


ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




IMG_6495.jpg
おやつ。
お料理に興味のある方はこちらの記事をご参照ください。
【我が家お薦めのお手軽料理本】 ベスト3 ~ おいしくて簡単な本を厳選しました!

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは連絡用です。 コメントはツイッターでのみ受け付けています

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム