俺が遊べば金になる!(キリッ)-計画的偶発性理論について


一昨日、金融所得の税率(株取引などで得られる利益)が20%から30%に引き上げられた場合、僕のような「インデックス投資でFIRE」派がどの程度の痛手をこうむるかについて計算した。
結論は
「同レベルの生活を続けるなら、毎年14%多く売却、換金しなければならない。そのレベルの資産減少額が許容できない場合には生活費を12.5%下げるしかない」
という、はなはだシビアなものになった。
これに対する防衛策のひとつとして、昨日は「年金を計算に入れない」ことが肝要と書いた。
しかしこれは、年金支給開始が当分先であるような、若い年齢でのアーリーリタイアではさほどの安心材料にはならないだろう。
そこで今日は、「リタイア後も多少稼げないか?」ということについて私見を述べる。
以下、自著「幸せの確率-あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ」から引用。

私が学生時代にバーテンダーとしてアルバイトをさせてもらっていたお店に、先日、ふらりと立ち寄った時のこと。何杯か飲んで、いい加減酔いが回ったところで、マスターに、「またここでアルバイトをしてみたいなあ」と話してみたところ、「いつでも戻ってこい。歓迎するぞ」と言ってもらい、とてもうれしく思うとともに、リタイア後も少しは稼げばいいじゃないか、というアイディアが浮かびました。義務感を伴う労働としてではなく、経験を楽しむつもりで、気が向いた時にアルバイトでもすれば、資金繰りにおけるひとつののり代になるでしょうし、それに、たまの労働は脳トレにもいいように思えます。
もっともその時は、マスターがおもむろに手帳を開き、「で、週何回のシフトにする?」と聞いてきたので、心の準備ができていなかった私は、言葉を濁して退散してしまったのですが。
シェイカーなんてずっと振ってないから、バイトをするなら、少し練習をしないといけないなあ。
アルバイト以外でも、アーリーリタイア後、やりたいことに打ち込めば、それが人の役に立ち、結果として幾ばくかの収入に繋がるというようなこともあるかもしれません。オレが本気で遊べば、それが仕事になる・・・そんな状況、格好いいですよね! そして、いろいろと調べてみた結果、実際にアーリーリタイアをするのであれば、それはかなりの確率で実現可能であることがわかりました。
計画的偶発性理論(Planned Happenstance Theory)という言葉を聞いたことはありますか? これは、二〇世紀末、スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授によって提唱されたもので、個人のキャリアの八割は予想しない偶発的なことによって決定されるとした上で、その偶然を利用して、自分のキャリアをより良いものにしていこう、という考え方です。
従来、キャリアというものは、意図的に職歴を積み上げて作り上げていくものだとされていました。しかし、クランボルツ教授は、「変化の激しい時代において、あらかじめ計画したキャリアに固執したりすることは、もはや有用ではない。むしろ積極的に行動し、しっかりとアンテナを立て続けることによって、偶然をそのままやり過ごすのではなく、ステップアップの機会へと変えていくべきだ」と説いたのです。
そのために必要な行動指針として、クランボルツ教授は下の五つをあげ、これらを誠実に実践できれば、その人には多くのチャンスが巡ってくるだろう、と考えました。

一、 好奇心・・・いろいろなことに興味を持ち、学ぶことをやめないこと。
二、 持続性・・・失敗に屈せず、努力し続けること。
三、 楽観性・・・必ず実現する、とポジティブに考えること。
四、 柔軟性・・・こだわりを捨て、柔軟な態度をとること。
五、 冒険心・・・結果が不確実でも、リスクを取って行動を起こすこと。

実はこれらはすべて、アーリーリタイアに成功した人に備わっている特性なのです。柔軟性がなければ、アーリーリタイアを目指したりはしないでしょうし、持続性がなければ、それに必要な条件を整えることはできません。さらに、冒険心や、ある程度の楽観性は、最終的なリタイアの決断には不可欠ですし、好奇心は、アーリーリタイアさえすれば、必ずあなたの中で芽生えてきます(その理由は、この章の後半でしっかりと説明します)。
つまりアーリーリタイア後、やりたいことに打ち込めば、それが結果として収入や、より高いキャリアにつながる可能性が高いということになるのです。現に私だって、最高に楽しみながら書いたこの本から、幾ばくかの収入を得ることでしょう。


現に僕はいまでも自著の印税と、本ブログの広告収入で、自分の小遣い程度は稼げている。
コロナ禍以前は講演でも稼がせてもらった。
いずれも趣味でお金をもらっているようなものだから、「せっかくアーリーリタイアしたのに労働している」との感覚は皆無だ。

どうせアーリーリアイアするのなら、お金になっちゃうくらい好きなことに没頭してみては? というのがアーリーリタイア後の予期せぬ資金繰り悪化に対する、僕からのアドバイスだ。




ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




IMG_6479.jpg
我が家の人気メニュー。低温調理したローストポーク、玉ねぎソースで。
お料理に興味のある方はこちらの記事をご参照ください。
【我が家お薦めのお手軽料理本】 ベスト3 ~ おいしくて簡単な本を厳選しました!

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは連絡用です。 コメントはツイッターでのみ受け付けています

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム