日に当たり、体を動かし、家族や友人を大切にする。それができないほど忙しいなら、仕事を減らすべき!


昨日飲み過ぎたようで、頭が少しフワフワしている。
コロナ禍であまり人と会えない日々が続いていたが、感染者数が少ない今が好機と友人と食事にでかけた。
そこまではよかったのだが、解放感からすっかり気分がよくなった僕は帰宅後、ひとり深夜まで飲み足してしまった。その部分が飲み過ぎだったようだ。
ただし二日酔いというほどではない。
考えてみればアーリーリタイアして以来、二日酔いというものをほとんどしなくなった。
現役医師時代は、飲みに出れば大抵は午前様で、翌日は二日酔いだったような気がする(もちろん休みの前しか飲みには行かなかった)。
それだけストレスが強かったのだろう。溜まった鬱憤を晴らすための酒は、どうしても行き過ぎる。
我ながら、実によく飲んだ。

朝まで飲むことも度々あった。
クラブがはけたあと、お姉さまとはしご酒。
最後の店を出た時、すでに日が昇っているのを見て、
「朝帰りかあ。浮気でもしてたんじゃないかと妻に勘違いされると困るな」
そうつぶやくと、その子が
「奥様に疑われないように、持って行って」
と言って、他の客からもらったという、土産の餃子を押し付けてくる。
ありがたく頂いたが、なぜ餃子を持って帰ると浮気しなかったことになるのか、よく考えるとわからない。
お互い酔っていたのだろう(そりゃ、間違いない)。

飲むときは2升まではいかなくとも、1升半くらいはいけた。
今は1晩で1升などとても飲めない。5~6合も飲めば、ハラホラヒレ・・・となる。
そしてこの量では二日酔いにはならないところを見ると、僕の二日酔いラインは6合から1升の間のどこかにあるようだ(もちろん体調にもよる)。
飲むための体力が落ちたとは思わない。運動量が増えた分、むしろ以前よりも持久力が増したのではないか。
酒の飲み方に関しては、やはりストレスが減ったことが大きいように思える。

僕のクリニックはありがたいことに人気があったから、多いときは半日で約200人の患者さんが受診された。よくあれだけ仕事をして、あれだけの酒を飲んだものだ。
今の僕の静かな暮らしぶりから考えると、正気の沙汰とは思えない。あのままの生活を続けていたら、今頃は倒れていたかもしれないと、ぞっとする。

暮らしをまっとうなものにするのは、今考えれば簡単な話だ。
適度に日に当たり、体を動かし、家族や友人とのひと時を大切にする。この3つさえきちんとしていれば、健康面でも、精神面でも、安定した状態を保つのはそう難しくはない。
食べるためではなく、社会的地位、あるいは高価な車や服を得るために、ぎりぎりのところまで自分を追い込むような働き方をするのは、動物として自然な営みではないと思う。
過剰な欲望や、人工的な便利さに溺れてはいけない。
そういう生活を続けると、人間の肝心なところが崩れて、バランスがおかしくなるように思える、などといったら、最新技術についていけない中年の戯言に聞こえるだろうか?

少し酒が残った、ふわふわした頭で書いているので、どうにもまとまりのない記事になってしまった。
皆さん、よい1日を!
僕はベッドに戻ります(至福)。



ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




2018110320370000.jpg
なめろう。
お料理に興味のある方はこちらの記事をご参照ください。
【我が家お薦めのお手軽料理本】 ベスト3 ~ おいしくて簡単な本を厳選しました!

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは連絡用です。 コメントはツイッターでのみ受け付けています

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム