世界3大○○の3つめで迷う件

以前友人と酒席で、日本のロック/ポップ史に大きな影響を与えたミュージシャンを3人上げるとしたら、誰になるだろうという話で盛り上がった。
桑田圭介は間違いなく入るだろう。
松任谷由美も固い。
しかしもうひとりというところで、大きく意見が分かれた。
僕としては、フォークからもひとりということで井上陽水を挙げたのだが、山下達郎、矢沢永吉、坂本龍一など、さまざまな名前がでた。
皆が同意できる3人目というのは、なかなか難しいようだ。

3大○○という話になると、3つ目で迷うことが多いように思える。
料理でもそうだ。
世界3大料理といえば、フレンチ、中華と、あとひとつ。
イタリアンという人もいるが、これはやはりフレンチに近すぎる。
日本食は西洋人に言わせればやはり中華に近すぎるのだそうだ。
南米、アフリカには大したものがない。
となると香辛料を多用するインド料理か、西洋と東洋が融合したトルコ料理のどちらかになりそうだが、フレンチ、中華と比べれば、格下感は否めない。

世界3大スープなんていうのもあって、これもコンソメとフカヒレはすぐに決まる。
ただ、もうひとつが難しくて、タイのトムヤンクン、ロシアのボルシチなどが挙がるものの、どれも決定打に欠けるように思える。

世界三大珍味にいたっては、わけがわからない。
キャビア、トリュフ、フォアグラ・・・こんなものが世界的な珍味なのか?
ウニやコノワタのほうが、よほど珍味だと思うけどなあ。

人名ではどうだろう。
先日、またしてノーベル文学賞を逃してしまった村上春樹。
日本で3大村上といえば、村上春樹、村上龍までは固いが、これだって、もうひとりが難しい。
僕としてはショージ村上を推したいところだがが、異論のある人も(間違いなく)多いことだろう。

世界3大カニエは、カニエ・ウェスト、蟹江敬三、そして、きんさん・ぎんさんの蟹江ぎんだったのだが、日本勢の蟹江さんが共にお亡くなりになり、現在はカニエ・ウェストの独壇場となっている。
新たなカニエの出現が待たれるところである。

と、こんなことをつらつらと考えているうちに思いついたのだが・・・(僕、暇なの?)。
日本の3大・内山といったら誰だろう。
これが意外と層が薄いのだ。
ほとんどの人は、内山理名、内山信ニくらいしか浮かばないではないか?
どうしても3大にしたいのなら、「田」には目をつぶって内山田ひろしに参加して頂くしかないのだが、「田」をなかったことにするのは、いくらなんでも強引だ。
これは内山姓をもつものにとって、大きなチャンスと言えるのではないか?

死ぬまでになんとか1冊ベストセラーを出して、日本3大内山のひとりとして後世に伝えられたいものだ、と夢想する自称作家・内山直であった。





ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




IMG_6581.jpg
IMG_6582.jpg
秋の味覚。
お料理に興味のある方はこちらの記事をご参照ください。
【我が家お薦めのお手軽料理本】 ベスト3 ~ おいしくて簡単な本を厳選しました!

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは連絡用です。 コメントはツイッターでのみ受け付けています

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム