医師の酒癖


医者や教師は酒癖が悪いと昔から申します。これ、私が思いますに、普段から模範的な立ち居振る舞いを求められる職業につくと、日常的に強い自己抑制を強いられるため、酒が入った折についついはめをはずしてしまうということなのではないでしょうか? 今回は私の周囲での酒にまつわる失敗談を、ちょっとばらしてしまおうと思います。
まずは学生時代に同級生だったM先生。飲んだ後、家に帰る途中で尿意を我慢できなくなり、やむを得ず路地に入って立ちションをしていたところ、突然犬が吠えだしたとのこと。吠えられたところで、出ているものを急に止められるわけもなし。あせりながらも続けていたら、犬の声でチン入者に気づいた住人が怒って登場。「こんなところで立ちションするな」 と叱られ、頭をげんこつで叩かれたのだそうです。「げんこつで叩かれたのなんて何十年ぶりかなあ。情けなかったかなあ」 と嘆くので少しは反省しているかと思えば、続けて 「あの犬さえ吠えなければなあ」 とポツリ。(反省しなさいよ!)
私の先輩に当たるT先生は飲むと路地や公園で寝てしまうという困った酒癖があります。早朝、見知らぬ公園で目覚め、奥様に 「どこにいるか分からなくて困っているから、迎えに来てくれないか?」 と電話したこともあるそうです。どこにいるか本人も分からないのに、迎えに来いと言われても困りますよね。先日お会いしたとき冗談交じりに 「最近はどうですか? また公園で寝たりしてないでしょうね?」 とからかうと、T先生は真剣な顔で言うのでした。
「これからの季節は気をつけるようにしているんだよ ……下手すると死ぬからね」 (そりゃそうだ)
その他、知らない人の家に侵入し、勝手に風呂を使っているところをみつかって、警察を呼ばれたなんてケースもあります。これはちょっとシャレにならないのでイニシャルは省略。
いやはや皆さん、困ったものですね。やはり、日頃から真面目で、ストレスをためている人の方が、酒席で乱れることが多いように思えます。念のために言っておきますが、自分のことをあたかも他人の話のように書いているなんてことは決してありませんので、くれぐれも深読みなどされませぬようお願いします。これらの達人に比べたら私の酒なんて、ホント、おとなしいものですよ。
もちろん自分で覚えている範囲では、の話ですが ・・・。



ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




244376163_379971307197564_6818964433546960375_n.jpg
今日の写真はフレンチレストラン。

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは連絡用です。 コメントはツイッターでのみ受け付けています

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム