医師として今日は洗顔法のアドバイスなんぞを……


医師の端くれとして、今日は医学的なお役立て記事を上げてみます。
顔は一般に皮脂の多いところとされているため、市販されている洗顔料は皮脂を取る効果の強いものが中心です。しかし乾燥肌の人の場合、皮脂の多いところは額、鼻といったいわゆる「Tゾーン」だけで、目のまわり、口のまわり、頬といった「Uゾーン」はむしろ乾き気味。それなのに顔全体を同じ強さで洗えば、Tゾーンのべたつきが取れる頃にはUゾーンはカサカサになってしまいます。その乾燥がつっぱり、しみ、さらには湿疹のもととなるわけです。
顔の乾燥や湿疹はメイクをする女性に多く、湿度の低い冬に悪化します。皮脂の多いTゾーンは多少乱暴にクレンジングしても大丈夫ですが、乾燥しやすいUゾーン、特に目のまわりはクレンジングや洗顔をできるだけマイルドにしないと、すぐカサカサになってしまいます。化粧水を使っているから大丈夫と安心してはいけません。天然の皮脂(正確には角質細胞間脂質)による皮膚バリヤーは実に精密にできており、どんなに高価な化粧水でも効果は遠く及びません。あくまでもクレンジングや洗顔時に、皮膚本来の油分を落としすぎないことが重要なのです。
妻も私の勧めで化粧水・クリームを使うのを止め、その代わりクレンジングをできるだけマイルドにしてみたところ、以前と比べ格段に肌質が改善し、本人も驚いています。別に化粧水が悪いわけではないので中止する必要はありませんが、使っているとついそれに頼ってしまい、肝心の「マイルドなクレンジング」がおろそかになりがち。そこはしっかり注意が必要です。皮膚はそれ自体に調節機能を持っているので、過度に刺激しなければ化粧水や栄養クリームを使わなくても、健康な状態を維持することができます。きちんとメイクを落とさないのも肌トラブルの原因になりますが、クレンジングが強すぎて肌荒れをおこしている人の方が圧倒的に多いのが現状です。 
肌質は千差万別であり、これが正解というクレンジング・洗顔法はありません。要は洗顔後、かさついたり、つっぱっているところは洗いすぎですし、べたつきが残っているところは十分洗えていないということになります。
では、ここで私自身の洗顔法。洗顔料を使ってもいいのですが、一々棚から出すのが面倒なので(笑)、出しっぱなしにしてある泡状のハンドソープを代用。Tゾーンのみ撫でるように洗い、Uゾーンは何もつけないままぬるま湯でバシャバシャやって終わり。ものすごくいい加減に聞こえるかもしれませんが、私のようにTゾーンは油っぽくUゾーンは乾いている、いわゆる混合肌タイプはこんな感じで丁度いいようです。現に顔の皮膚状態はおおむね良好。洗顔法が合っている証拠だと思います。まあ、男は化粧落としがいらないんだから簡単、と言われればそれまでですし、ツラの皮が厚くて丈夫なだけじゃない? というご指摘には、返す言葉もございませんが。
秋も深まり、空気が乾燥してきました。この季節に肌トラブルの多い方は、クレンジングや洗顔法を、ぜひ見直してみてください。



ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




244723777_601188281058255_330807803572001984_n.jpg
レストランにて。ステーキ、フォアグラ添え。

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは連絡用です。 コメントはツイッターでのみ受け付けています

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム