さっき電話したばかり


アメリカ人の友人から聞いた話がおもしろかったので、ご紹介しますね。
彼は僕と同い年で、新潟にもう30年くらい住んでいます。先日、某ホテルでイベントをすることになり、ホテル側と電話で打ち合わせ (彼は日本語がペラペラです)。細かいところまで詰めた後「じゃあ、これから代金を払いに行きますね」 と告げて、ホテルに向かったのだそうです。ここからは、彼の弁。

すぐホテルに着いたんだけど、こういう時、お金は会場で払うのかフロントで払うのかがわからなくって、とりあえずフロントに行こうとしたのね。ところがそのフロント、若い女の子が一人きりで、しかも僕が近づいている様子を見て、緊張しているのが遠目でもわかるんだよ。ホテルのフロントって外国人旅行者の相手もしなきゃいけないから大抵は英語ができるんだけど、たまにどういうわけか、外人が苦手な人っているんだよね。それにほら、僕大きいじゃない (彼は190cm近くあり、しかもボディ・ビルダーです)。怖がられたりするんだよなあ。
でもまあ、他に人もいないからしょうがない。その子のところに行って話しかけたのね。もちろん日本語で、笑顔も絶やさず、ね。まずは名前を名乗って、それから要件を告げたんだけど、彼女、完全に顔がひきつっていて、返事すらしないのよ。どうも僕の言っていることが全然頭に入っていかないみたいで、僕が日本語を話していということさえ理解しているのかあやしい感じなんだよ。さあ、どうしたものかと途方にくれかかったんだけど、そうだ、さっき電話したことを言えば話が通りやすくなるかも、って思いついたんだ。それで、
「この件で、さっき電話したばかりです」
って言ってみたのね。そうしたら彼女、おどおどした態度はそのままだけど、ようやく口を開いて、言ったんだ。
「ええと、かしこまりました。さきほど電話を下さった、バカリ様、でよろしかったですね」
違うよ! 名前はちゃんと最初に名乗ったじゃん。僕はどこから見ても普通にアメリカ人でしょうが? バカリって、アフリカの部族の出じゃないんだから! それに「よろしかった」って日本語として変でしょ! おいスナオ、笑うなよ。こっちは真面目に話してんだから! 笑うなってば!!

これからはしばらくの間、彼のことをバカリくんと呼ぼうかと企んでいます。
(でも、彼、本気で怒りそうだなあ)



ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




IMG_8509.jpg
生筋子のしょうゆ漬けと塩漬け。前者はお酒、後者はワインと。
お料理に興味のある方はこちらの記事をご参照ください。
【我が家お薦めのお手軽料理本】 ベスト3 ~ おいしくて簡単な本を厳選しました!

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは連絡用です。 コメントはツイッターでのみ受け付けています

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム