新型コロナの「空気感染論争」がなぜ嚙み合わないのか解説する。


新型コロナは空気感染するのか? を巡ってはいまだに医師の間でもコンセンサスを得られていない。
これだけデータが蓄積されたのに、なぜそのような状態が続いているのかを今日は解説したい。

まずは従来からの一般的な空気感染の定義(大阪大学医学部付属病院HPより)。
https://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/hp-lab/rinkenhome/subfile/DCMI/kannsennkeiro_pdf.pdf
空気感染は下のふたつ

①飛沫核感染
感染者から排出され空気中に浮遊している飛沫核を未感染者が吸い込み、直接気管支内に入ることにより、感染を起こす経路
②塵埃感染
病原体に汚染された土壌、床などから生じ、気流、風などにより空気中に舞い上がり浮遊している塵埃を未感染者が吸い込むことにより感染を起こす経路

ちなみに①の飛沫核が「飛沫」とどう違うかというと、

飛沫核;直径4μm以下の小さい粒子。空気中で長時間浮遊。
飛沫;直径5μm以上の大きい粒子。大きく重いので空気中には長く浮遊しない(飛距離1m程度)。空気中での落下速度は30~80cm/秒。

となる。
でもちょっと待ってほしい。直径5μmって無茶苦茶小さいと思うんだけど、本当に浮かないのだろうか? 実はそうでもなく、100μm以下なら飛沫であっても空気中に冬することがわかっている。
つまり従来定義での「飛沫感染」と「空気感染」の境界分けはすでに機能しなくなっているのだ。
よってこの定義のうち「滴のサイズ」や「長時間」を重視する人は「新型コロナはほとんど空気感染しない」というし、「感染性のあるウイルスが空中を浮遊するか否か」を優先する人は「空気感染アリ」となる。
権威ある機関がこの境界線を整理しない以上、意見が噛み合うわけがないのだ。

さらにややこしいのがエアロゾルという概念。
https://www.jaast.jp/new/about_aerosol.html

エアロゾルは気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子と周囲の気体の混合体のことで、粒径は分子やイオンとほぼ等しい0.001μm程度から花粉のような100μm程度まで約5桁にわたる広い範囲。

このようにエアロゾル感染は空気感染よりカバーする範囲が広く、前述した狭義広義の空気感染をすっぽりと覆っている。
空気感染、飛沫感染の境界において「滴のサイズ」を重視する人は「新型コロナはエアロゾル感染するが、あまり空気感染しない」となるし、「感染性のあるウイルスが空中を浮遊するか否か」を優先する人は「エアロゾル感染と空気感染はほとんど同義」と主張することになる。
ついてこれているかな?

「空気感染しない」派が拠り所にしているのは、たとえば下記WHOによる分類。
https://apps.who.int/iris/bitstream/handle/10665/112656/9789241507134_eng.pdf;jsessionid=41AA684FB64571CE8D8A453C4F2B2096?sequence=1
15ページ目で空気感染(Airborne transmission)を定義づけおり、その中で「長距離」かつ「長時間」にわたり伝播する飛沫核と記載されている。

The spread of an infectious agent caused by the dissemination of droplet nuclei that remain infectious when suspended in air over long distances and time.

新型コロナの場合、長距離伝播の報告はさほど多くない。となれば「エアロゾル感染は多いが空気感染はあまりしない」ということになる。

このガイドラインでは17ページでエアロゾル感染についての記載もあり(前述した大阪大学のものにはない)、空中を浮遊するが1m以内に落下すると規定されている。
新型コロナはほとんどこっちで説明がつくんじゃない? というわけだ。
しかしこのガイドラインは2014年に出されたもので、いささか古い。
また医学ではなく工学分野からは、エアロゾルを1m以内に落下するとしたWHOの定義はエアロゾルの解釈を誤っているとの指摘もある。

そしてどうやら世界の風潮は「新型コロナは空気感染」と再定義する方向にあるようだ。
たとえばこの夏話題になったサイエンス誌掲載の論文。
https://www.science.org/doi/10.1126/science.abd9149

COVID-19に関する研究は増え続けており、SARS-CoV-2の空中伝播が優勢であることを示す豊富な証拠が提供されています。
A growing body of research on COVID-19 provides abundant evidence for the predominance of airborne transmission of SARS-CoV-2.


とまで書かれている。
ランセット誌掲載のこちらの論文もタイトルは、
「新型コロナの空気感染を支持する10の科学的理由」。
https://www.thelancet.com/article/S0140-6736(21)00869-2/fulltext
しかし従来からの狭い定義を支持する人にとっては、
「勝手に定義を変えるなよ!」
ということになる。
両派ともよって立つ定義が違うのだから、話が噛み合うわけがないのだ。

ご理解いただけただろうか?
ちなみに僕は以前から「空気感染」でいいと主張している。理由は単純で「そのほうが換気の重要性が理解されやすいから」。
ご立派な定義論争は後で専門家同士で気が済むまでやればいい。それよりも今はひとつでも多くの命を救うことが優先するはずだ考えている。

もっと「空気感染」という言葉を使おう! 「飛沫感染が主」では換気の重要性が伝わらないって!





ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





123105711_856365958440725_2540321341372022624_n.jpg
イタリアンレストランにて。

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは連絡用です。 コメントはツイッターでのみ受け付けています

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム