人間の心は専門化された機能単位からなっていて、行動を決定づけるのはそれらの相互作用にすぎない!?~ なぜいま、仏教なのか3


今週、紹介しているのは、ロバート・ライト「なぜ今、仏教なのか(早川書房)」。
原題は過激で、「Why Buddhism Is True」。なぜ仏教は真実なのか、というものだ。
昨日から「無我」についての部分を引用していて、今日は予告通り「モジュール」に触れる。個人的には「ウヒョーッ!」となるほど興味深い。

p110
“心理学、とくに進化心理学の分野で一般的になりつつある答えは、心が「モジュール」的な構造をしているというものだ。この考え方では、人間の心はたくさんの専門化されたモジュール―状況を判断して対処するための機能単位―からなっていて、人の行動を決定づけるのはこうしたモジュールの相互作用だ。そして相互作用の大半は本人が意識することなく起きている。”

心はモジュールからできているが、僕らはどのモジュールを優位にするか選択をしていないどころか、そのようなものに気づいてすらいない。
では、モジュールはどのように分かれているのか。これは一説に過ぎないが、ケンリックとグリスケヴィシウスはこう考えている。

p127
“ふたりは心を7つの「下位自己(内山注;ほぼモジュールと同義)」にきれいに分割している。それぞれの下位自己は、自己防衛、配偶者獲得、配偶者保持、協力関係、親族養育、社会的地位、病気回避、という任務をおびている。”

たとえばロマンス映画を見ると、その後、人は自分では意識していないものの、短期的に人ごみ嫌いになり、静かな場所を好むようになるそうだ。
これは配偶者獲得モジュールが優位になり、ライバルがおらず、親密な行為に及びやすい場所を求めていると説明される。
逆にホラー映画を見ると、人はやはり無意識のうちに人ごみを好むようになる。こちらは自己防衛モジュールが優位になるから。
見た映画の種類によって、僕らは自分でも理由を知らないまま、いつの間にか人ごみが好きになったり、嫌いになったりするというわけだ。「確固たる自我」の存在など、はなはだ怪しいということになる。

次回、自我についてさらに引用し、この本の紹介を終える予定でいる。





ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



IMG_9519.jpg
妻作のデコレーションクッキー。
お料理に興味のある方はこちらの記事をご参照ください。
【我が家お薦めのお手軽料理本】 ベスト3 ~ おいしくて簡単な本を厳選しました!

スポンサーリンク

内山 直

作家、医師、医学博士。
1968年新潟県新潟市に生まれる。新潟大学医学部卒業、同大学院修了。
2004年に独立し自分のクリニックを立ち上げ、「行列のできる診療所」として評判を呼ぶが、その後アーリーリタイアメントを決意。
2016年2月、クリニックを後輩医師に譲りFIRE生活を開始する。
地方都市でゆるゆると生息中。

「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で遺伝が50%とされています。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってくる!をキャッチフレーズに幸福の啓蒙活動を継続中。

検索フォーム