ラ・ロシュフコー “我々は、 幸福になるためによりも、 幸福だと人に思わせるために四苦八苦しているのである”


今日は『箴言集(しんげんしゅう)』の執筆で知られるフランスの文学者、ラ・ロシュフコー(1613年 - 1680年)による言葉。

“我々は、 幸福になるためによりも、 幸福だと人に思わせるために四苦八苦しているのである。”

最初に頭に浮かんだのは疑問符だ。人に幸福に思われたくて四苦八苦?
というのも、正直に言って僕の場合は逆だからだ。幸福話なんて退屈だろうと思うから、友人と飲むときは失敗談を冗談交じりに話すことが多い。
幸せに思われるよりも、なかなか大変そうだと思ってもらえるほうが居心地がいい。

しかし周囲を見渡すと思い当たる節もないわけではない。たとえばやたら高い車に乗る人は、豊かさを誇示したいという部分も少しはあるはずだ。
でもそう認める人は少ない。
「デザインが好きで」とか、「走行性がいい」とか、いろいろ理由を言ってくる。
本音のところはどうなんだろう?(まあ、人それぞれなんだろうな)
僕自身、今はあまり収入がないからどのみちどうにもならないが、わりとリッチだった開業医時代だって車や服に凝ることはなかった。
そして、SNS!
妻がインスタをやっているので、たまに共通の友人による記事を見せてくれる。確かに、幸せそうなものばかりだ。「リア充ぶりをアピールする」なんていう、僕が若い頃にはなかった言い回しもある。
となれば、この名言は的を射ていることになる。世の中、幸せアピールに右往左往している人が多いといってよさそうだ。
しかし人に幸せに思われたいという気持ちは、すなわち承認欲求に当たる。人に認められることを拠り所にすれば、持続的に幸福感を得ることは難しい。
ところが逆の見方もできなくはない。
もし何かがうまくいかなくて幸福感を感じられないときは、「幸せな人のふりをする」ことが有用とされている。幸せいっぱい、自信満々な人物であるかのように振る舞うと、それだけで本当の幸福感が後からついてくることになる。
そういう意味では、幸せアピールは有用なのかもしれない。

というわけで、僕の結論。

“幸せに思われようとするのは大いに結構。でもそのために四苦八苦するようじゃ本末転倒だよ。“

というところだろうか。
収まりが悪いから将来名言とされることはないだろうが、内容としてはあながち間違ってはいないと考えている。



ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



IMG_9668.jpg
我が家の定番。辛ネギ味噌チャーシュー。
【我が家お薦めのお手軽料理本】 ベスト3 ~ おいしくて簡単な本を厳選しました!

スポンサーリンク

内山 直

作家、医師、医学博士。
1968年新潟県新潟市に生まれる。新潟大学医学部卒業、同大学院修了。
2004年に独立し自分のクリニックを立ち上げ、「行列のできる診療所」として評判を呼ぶが、その後アーリーリタイアメントを決意。
2016年2月、クリニックを後輩医師に譲りFIRE生活を開始する。
地方都市でゆるゆると生息中。

「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で遺伝が50%とされています。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってくる!をキャッチフレーズに幸福の啓蒙活動を継続中。

検索フォーム