あなたがアーリーリタイアしたい動機は、本当にそれなのだろうか? ~ 「単純な脳、複雑な私」2

前回に続いて、池谷裕二著、「単純な脳、複雑な私」(朝日出版社)から、興味深かった箇所を引用してみる。

“右脳と左脳に違う単語を表示してみる。たとえば、左脳に時計、右脳にドライバー、と見せる。すると、目の前に並べられた物の中から、きちんと時計とドライバーを選べる。もちろん、本人には時計と表示されたことだけが意識にのぼる。左脳だからね。にもかかわらず、ドライバーも一緒に手に取る(内山注;ドライバーは右脳に表示されたので、本人の『意識』には残らない)。
そこで理由を尋ねてみる。「なぜ時計とドライバーを持ったのですか」と。するとこんな答えが返ってくる。「時計という単語がモニターに出ました。だから時計を取りました。でも、時計が止まりそうだったから、電池を交換しようと思ったのです」“


“こうした無意識の行為を「作話(さくわ)」と言う。僕らの考えていることのかなりの部分は、おそらく作話なんだと思う。”


“僕らも同じように、いつも歪んだ主観経験の中を生きている。単に、その推論に論理的矛盾が生じない限り、「自分はウソをついている」ことに気づかないだけのこと。“


“そんなわけで僕らは「本当は自分が道化師にすぎない」ことを知らないまま生活している。根拠もないくせに、妙に自分の信念に自信をもって生きている。
そんな傲慢な僕らは、やはり「人間って生き物は主観経験の原因や根拠を無意識のうちにいつも探索している」という事実を、もっときちんと認識しておくべきなんだろうね。そうすれば、もう少し自分に、あるいは他人に対して謙虚になろうって思えてくるでしょ。“


前回、僕らは無意識のうちに「感情」を「経験」に合わせていると書いたが、これもまた強烈だ。
自分の「意思」なんて、本当にあるのだろうか?
仏教ファンとしては、釈尊の語った「心も、思考も、感情も、すべてが幻想」という思想が脳科学的に立証されつつあるようで、なんとも興味深い。

僕は自己実現と、より深い人間関係を求めてアーリーリタイアしたつもりでいるけど、本当の理由はぜんぜん違うところにあったりして。

その思考は本当に自分のものか。
それとも何らかの理由からでっち上げ、それを自由意思と信じ込んでいるだけなのか。
特にアーリーリタイアといった大きな決断をする前には、自分自身をしっかりとみつめる余裕と時間をもったほうがよさそうだ。

ボクハモウオソイケドネ (_д_)。o0○



IMG_5552.jpg
フルーツサンド。悪魔的なうまさ。

スポンサーリンク

内山 直

2016年、47歳でセミリタイア。地方都市でゆるゆると生息中。
「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で、遺伝が50%。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってきます!

自著の紹介

ツイッター(更新告知など)

ブログ・ランキング参加中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

プライバシーポリシー

検索フォーム