最近ネットフリックスで観た映画―その3


ドラえもんを卒業した年代の子供と観る映画選びって難しいよね、と思いながら毎月末に上げている。半ば私的メモ。
今月主にネットフリックスで観た映画の寸評を上げる。

大当たりだったのが「ゼロ・グラビティ」 ★★★★★
https://eiga.com/movie/57690/

「トゥモロー・ワールド」「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が、宇宙空間に投げ出されてしまった宇宙飛行士たちの極限的状況を最新VFXと3D技術を駆使して描いたSFドラマ。スペースシャトルのメディカル・エンジニア、ストーン博士とベテラン宇宙飛行士のマットは、船外作業をしていたところで予想外の事故に遭い、宇宙空間に放り出されてしまう。空気も残りわずかで地球との交信手段も断たれ、たった1本のロープでつながっているだけの2人は、絶望的な状況の中から生還を目指すが……。ストーン博士役にサンドラ・ブロック、マット役にジョージ・クルーニー。撮影は「トゥモロー・ワールド」ほかキュアロン作品を多数担当する名匠エマニュエル・ルベツキ。脚本はキュアロン監督と、監督の息子ホナス・キュアロンによる。第86回アカデミー賞では、作品賞ほか同年度最多となる10部門にノミネート。監督、撮影、視覚効果、作曲など計7部門で受賞を果たした。
2013年製作/91分/G/アメリカ

名作であり、大人目線では文句なしでおもしろい。
でも子供と観るには展開がスローすぎるかな、とか、ジョージ・クルーニの饒舌さといった仕掛けは理解しがたいかな、と大いに不安だったのだが、中2の次男、小6の三男とも夢中になって見ていた。
意外とわかるのね、君たち。

今月はその他、ひとりで何本か観た。
「ケープ・フィアー」「7月4日に生まれて」
両方とも無茶苦茶おもしろいが、子供と観るには過激。
「ペイフォワード」
これもいいんだけど、子供にはちょっと難しそう。そして嗚呼、ケヴィン・スペイシー。
「恋に落ちたら」
古びちゃった印象で僕自身が楽しめず。

そんな中、唯一子供とも観れそうと感じたのが
「インビクタスー負けざる者たち」 ★★★★☆
https://eiga.com/movie/54387/

南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領と同国代表ラグビーチームの白人キャプテンがワールドカップ制覇へ向け奮闘する姿を、クリント・イーストウッド監督が描いた人間ドラマ。1994年、南アフリカ初の黒人大統領となったマンデラは、アパルトヘイトによる人種差別や経済格差をなくし、国をまとめるためには、95年に自国で開催されるラグビーワールドカップでの優勝が必要と感じ、代表チームのキャプテン、ピナールとの接触を図る……。主演はモーガン・フリーマンとマット・デイモン。
2009年製作/134分/G/アメリカ

考えさせるし、さわやかだし、ラグビーシーンも迫力があるし、モーガン・フリーマンもマット・デイモンも文句なしにすばらしいのだが、はたして子供ウケするかは微妙。
夏休みの間、時間がとれれば試してみたい。

そして
「Emma エマ」 ★★☆☆☆
https://eiga.com/movie/92816/

「いつか晴れた日に」「プライドと偏見」などの映画化作品でも知られるイギリスの女性作家ジェーン・オースティンによる名作恋愛小説で、これまでにも何度も映像化されている「エマ」を、Netflixオリジナルドラマ「クイーンズ・ギャンビット」のアニヤ・テイラー=ジョイの主演で新たに映画化。容姿端麗で利発、裕福な暮らしを送るエマ・ウッドハウスは、女王様気取りで周囲の人びとの恋の仲介を楽しんでいた。しかし、いくつかの失敗を経て自らを見つめ直した彼女はやがて、ずっと身近にあった愛に気づく。2021年・第78回ゴールデングローブ賞でアニヤ・テイラー=ジョイが主演女優賞(ミュージカル/コメディ部門)にノミネート。第93回アカデミー賞では、衣装デザイン賞とメイクアップ&ヘアスタイリング賞の2部門にノミネートされた。
2020年製作/124分/イギリス

個人的には楽しめず、というかそもそも50過ぎのオッサンがひとりで観る映画ではない。
そうと知りつつも視聴したのは「ビル・ナイ」という俳優が好きだから。

Evanna-Lynch-2019-06-24T143317.jpg

興味がある人はぜひ「ラブ・アクチュアリー」「パイレーツ・ロック」「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」「アバウト・タイム〜愛おしい時間について」なんかをお試しあれ。
日本ではあまり知られてないけど、独特な演技と雰囲気が気に入っている。
ちなみに上記はいずれも子供と観るには適さず。
「アレックス・ライダー」なら子供と観るのに適している、というかそもそも少年向け映画なので、興味があればぜひ。
https://eiga.com/movie/34273/

こんなに気楽に映画が楽しめるなんて、いい時代になったものだとつくづく思う。
ストリーミング・サービス様々な日々なのである。




ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

内山 直

作家、医師、医学博士。
1968年新潟県新潟市に生まれる。新潟大学医学部卒業、同大学院修了。
2004年に独立し自分のクリニックを立ち上げ、「行列のできる診療所」として評判を呼ぶが、その後アーリーリタイアメントを決意。
2016年2月、クリニックを輩医師に譲りFIRE生活を開始する。
地方都市でゆるゆると生息中。

「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で遺伝が50%とされています。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってくる!をキャッチフレーズに幸福の啓蒙活動を継続中。

検索フォーム