クリスティナ・ロセッティ “覚えていて悲しんでいるよりも、忘れて微笑んでいるほうがいい”~幸せの名言


昨日の続きで、関連する名言の紹介。
イギリスの詩人であり、画家、クリスティナ・ロセッティ(1830~1894)による名言。ちなみに彼女はダンテの妹だそうだ。

“覚えていて悲しんでいるよりも、忘れて微笑んでいるほうがいい”

前回、遺伝子プログラムに逆らって楽観的になる方法があると書いた。
この名言がそっくりそのまま当てはまるのだ。
脳科学分野において「物事は記憶しなければならない」という思い込みを捨てることにより、楽観的になれるとされている。
幼少時から記憶学習の大切さを叩き込まれてきた僕らは、そもそも忘れることに対して抵抗があるし、人から受けた恩義を忘れるようなことがあれば後々の不義理につながりかねない。
しかし記憶にこだわると、嫌な出来事から解放されにくくなり、悲観的な傾向を強めてしまうのだそうだ。
どうしても必要なことはメモを残せばいい。そしてどんどん忘れよう。「忘れてはいけない」の呪縛から解き放たれることによって楽観回路が働き出し、気持ちが楽になっていくはずだ。
それに加え、笑うことも有用だ。笑うことの効用は以前にも述べたが、気持ちを楽観的にする作用があることも知られている。
つまりこの名言が訴える通りに「忘れて微笑む」ことにより、2重の意味で僕らはより楽観的になることができるのだ。

「すぐ忘れて笑ってるなんて、バカみたいじゃない?」と首をひねったあなたは正しい。
幸福であるためには多少「バカみたい」であるほうがいいのだ。
お利巧過ぎるのは不幸なだけでなく、肩が凝るし、何よりも人からは好かれないことが多いので、日常の立ち居振る舞いとしてはお薦めできない。
とはいっても周囲から呆れられ信用を失っても困るので、それも程度問題ということで。
ね。



ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
    ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


さまざまな科学的知見、宗教、名言などから、幸福に生きるためのエッセンスを抽出しました。



IMG_5766.jpg
タコのガリシア​風や鶏ハム。スパークリングと。

スポンサーリンク

内山 直

作家、医師、医学博士。
1968年新潟県新潟市に生まれる。新潟大学医学部卒業、同大学院修了。
2004年に独立し自分のクリニックを立ち上げ、「行列のできる診療所」として評判を呼ぶが、その後アーリーリタイアメントを決意。
2016年2月、クリニックを後輩医師に譲りFIRE生活を開始する。
地方都市でゆるゆると生息中。

「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で遺伝が50%とされています。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってくる!をキャッチフレーズに幸福の啓蒙活動を継続中。

検索フォーム