挨拶のもつ重要性をカーネルマンの「ピーク・エンドの法則」から説明する


昨日、「いってきます」と「おやすみなさい」を言うときは、できるだけ上機嫌でいるべきと書いた。
なぜならそれが人生で最後に交わす言葉になる可能性が比較的高いから。
いくらなんでも大袈裟だと感じた人も多いかもしれない。しかし、例えその後死ぬ運命にはいなかったとしても、これらの言葉を丁寧に交わす意義は大きいのだ。
今日はそれについて、自著「4週間で幸せになる方法」から引用して紹介したい。


皆さんはピーク・エンドの法則という言葉を聞いたことがあるだろうか? 行動経済学者、ダニエル・カーネルマンによって1999年に提唱されたもので、あらゆる経験の喜びや苦痛は、そのピーク時と終了時で決まるとされている。
我々はコンピューターのように、正確に体験を記録するわけではないし、過去の出来事を均等に思い起こすわけではない。記憶に大きく作用するのは、経験のピークとエンド、すなわち絶頂部と終わりの部分であり、その他の要素、例えばその出来事がどのくらい続いたかといったことは、ほとんど無視されてしまうのだそうだ。
実際にダニエル・カーネルマンは次のような実験を行っている。
① 痺れるほど冷たい水に両手を60秒浸す。
② 痺れるほど冷たい水に両手を60秒浸した後で、同様にとても冷たいが、少しは温度が高い水にさらに30秒浸す。
苦痛の総量でいえば、もちろん②のほうが大きい。しかし被験者である学生に、「どちらの経験ならもう一度してもいいか」と尋ねたところ、②を選ぶ人が8割を超えたのだそうだ。
この場合、ピークの苦痛は同じだが、エンドの苦痛が少ない分、②のほうがましな経験としてインプットされたということになる。
実生活での記憶においても、ピークの高さが大きな意味を持つことに関しては、今さら言うまでもないだろう。体験から得られる感動が大きければ、その分いい思い出になりやすい。
終わり方の重要性はピンと来にくいかもしれないが、映画やドラマに当てはめれば簡単にわかるはずだ。たとえ序盤から中盤にかけて盛り上がったとしても、それに続く後半の場面が退屈なら、作品の印象も今ひとつということになってしまう。
もちろん制作する側もそんなことは百も承知だから、ストーリーの終盤で見せ場をつくったり、最後にオチを用意したりするというわけだ。
そのような事実を踏まえれば、幸せな思い出を残すためには、「ピーク」をできるだけ良いものにするのに加え、「エンド」を盛り上げればいいということになる。
まあまあの楽しさが長期間続き、最後が尻つぼみになるような経験は、幸福感の積分量が大きいわりには、いい記憶として残りにくいようだ。

意識して「エンド」を高める
この法則を実際に生活で応用してみよう。
絶頂を高めるのは、やろうと思ってできることではない。でも、最後をより良く締めくくるのは、さほど難しいことではないはずだ。
誰かと会う機会があれば、別れ際は極上の笑顔で締めくくろう。せっかく楽しい時間を過ごしても、最後が愉快なものにならなければ、あなたが相手に残す印象はかなり減点されてしまうし、あなた自身だって記憶をいい形で残すことができず、長い目で見た場合の幸福感を損なってしまうことになる。
今日1日、それぞれの行動の終わりを、しっかりと充実させてほしい。
会話の最後の一言。食事なら最後の一口。昼休みの最後の5分。その場を去る時や、人を送り出す時の挨拶。
となると、いくつかの重要な言葉が浮かび上がってくる。「さようなら」、「いってらっしゃい」、「ごちそうさま」、そして「おやすみなさい」だ。
これらの言葉はいずれも、ある行為を終えるか、あるいは、その後しばらくの間、相手と離れ離れになるタイミングで使われる(同じ部屋で寝れば『おやすみ』の後も物理的には一緒だが、もちろん意識は離れてしまう)。
だから、これら4つの言葉を口にする時は、可能な限り上機嫌でいよう。それが習慣づけば、自分自身が幸せになるだけでなく、周囲からの好感度も高くなるというわけだ。


参考にしてもらえる点はあっただろうか?
それでは皆さん、よい一日を!(極上の笑顔で)



ランキングに参加してます。ぜひ一票を。
更新の励みになります!
   ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



IMG_0920.jpg
フルーチェ。
お料理に興味のある方はこちらの記事をご参照ください。
【我が家お薦めのお手軽料理本】 ベスト3 ~ おいしくて簡単な本を厳選しました!

スポンサーリンク

内山 直

作家、医師、医学博士。
1968年新潟県新潟市に生まれる。新潟大学医学部卒業、同大学院修了。
2004年に独立し自分のクリニックを立ち上げ、「行列のできる診療所」として評判を呼ぶが、その後アーリーリタイアメントを決意。
2016年2月、クリニックを後輩医師に譲りFIRE生活を開始する。
地方都市でゆるゆると生息中。

「お金、地位、美貌」で得られる幸福はたったの10%で遺伝が50%とされています。
残りの40%に目を向ければ、幸せはすぐにやってくる!をキャッチフレーズに幸福の啓蒙活動を継続中。

検索フォーム